祝!!Spotlight公開!

なまえ

おそばせながら、最近すごーくさぼってた文芸活動を再開したいと思い、こうして書いております。

もともと、和尚は高校のときから国語が好きでした。大学は実は文学部に行きたいと思っておりました。

が。

多少変わった性癖で、文学そのものを愛でるというよりは、その作家の生き様に強く惹かれておりました。高校生のときは確か国語要覧とかいう参考書?がお気に入りで、その本は作家の履歴や、文学史などが記載されておりました。

その中でも太宰、芥川、川端などなど文豪と呼ばれる人は自死を選ぶ人が多く、そのことに憧憬して、国語の授業なんてそっちのけで、思いを馳せておったことを今でも思い出します。

(余談ですが、高校3年時の国語の先生兼担任の先生には、今年の正月お目にかかりました)

 

 

続く

文字 777字

100

コメント(3件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

なまえ

どんな先生に出会うかって、運んもあるけど、大切ですよね〜

なまえ

『天王通りの喫茶店が売られる日』読みました。平成から令和へ新たな世代交代を感じる作品ですね