和尚のポエム~その1

和尚のポエム~その1

【お酒】

昨日はお酒を呑みました

楽しい時間が恋しくて

一席企画を立てました

三密さけなきゃ非国民 

世間は非難するけれど

6人くらいで呑みました

とてもおいしい酒でした

とても楽しい空間で

とても気の合う仲間たち

私は5合も呑んじゃった

楽しい中にも仲間たち

後ろめたさを感じてて

こんな日常気兼ねなく

いつになったら楽しめる?

そんな会話をループさせ

勘定終えて、お開き後

なんだか人目をはばかった

人込み少ない夜の街

外出禁止令でてるのか?

日本も暴動起きるかも?

禁酒の恨みは根深いよ

深夜の電車もがーらがら

ほろ酔い人はほぼいない

こんな状況いつまでも

続けられるわけがない

とはいえ、みんなと違うこと

するには勇気がいるんです

非難を気にせず呑むのなら

かなりの根性いるのです

こんな日本に誰がした

昨日はお酒を呑みました

 

合掌。

 

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

2019年6月からフリーター(ではないらしい)に転職じて早1年半を過ぎました。昔の名前で出ています。 本職:社長の愚痴聞き。社長の説教。 出没地域:東海地方を中心として、日本全国。 天命を知ったはずなのに、まだまだ世の中知らないことだらけです。

Share

Popular stories

I LOVE NAGOYA!

126

後払いと先払いについて考えてみる~その2

111

三島由紀夫の介錯をした男

101