Raptor

Raptor

@1203

Bitcoin Dolphin

(;;)

No posts yet

流れ星を眺めながらジョギングをする

ここ1、2か月、心身ともに調子が良くなかった(というよりはどちらかというと老年になってきた?)のですが、最近涼しくなってきたので、今日久しぶりに20キロジョグをしてみました。ハーフを走るのは今年3月に走った名古屋シティマラソン以来でしたが、夜中ということもあって、快調に走ることができました。これまで10キロでもバテバテだったけど、やっぱり涼しくなるだけで身体への影響は違います。 走るコースは地元の河川敷を走るのですが、名古屋の街中でも星は結構見えます。最近は月を見ながら走っていましたが、だんだん月の出が遅くなってきて、今日は走っていた23時30分ごろでもまだ月が出ていませんでした。星は綺麗に見えるけど、月が見えないのはちょっと寂しいなと思いつつ走っていた時でした。なんと、自分が走っている前方上空を、橙色に光る星が夜空を駆けていき、颯爽と僕を追い越し消えていったのです。一瞬の出来事でしたが、流れ星の余韻が残るほど、まぎれもない流れ星でした。流れ星を眺めながらジョギングができ風情な一日となりました。 実は今年の11月末に人生初となるフルマラソンを走る予定で、出場するのは「富士山マラソン」です。富士山の絶景を見渡しながら走れるということでとても楽しみ。サブ4は切れると思うので、サブ3.5を目標にしたいと思います。

52756e6e696e6720626974636f696e

ビットコインのブロックチェーンに任意文字を書き込めるのは意外と知られていると思います。送金データにOP_RETURNというOPコードを付与することで、任意文字をブロックチェーンへ書き込むことができます。 実はライトニングネットワークでも送金データに任意文字を付与できるのをご存知でしょうか?LN上のP2Pチャットアプリ「SphinxChat」はこの仕組みを応用して送金データに文字列を付与して少額送金することで、チャットを実現させています。任意文字を埋め込むために使われる仕組みはTLV(Type Length Value)と呼ばれるデータフォーマットで、このフォーマットでオニオンメッセージ(データのカプセル化)を作って通信相手に送信することで、予め指定された型番号(Type)をデコードすることでメッセージを読み取ることができます。任意メッセージのTypeは34349334となっています(c-lightning, LND)。 LNノードのログを解析していたら本日付で以下のようなデータが送金データと一緒に送られていたことに気付きました。メッセージを書き込むためのTypeは34349334でした。そのTypeに対するValueを変換することでメッセージが読めるようになりますが、、、 "custom_records": { "34349334": "52756e6e696e6720626974636f696e", "34349337": "72797270376464756b39786d6b6334336a63396a6e6338676833706f6d6a6b74347966753778726a39356763746534387368737a6363756e347471636965626d77736237347839707231703735653674726a336a6e396139367333646768636b35357374636a3939", "34349339": "0387be05e3549387cc3bc546def54d4fe1630358528316826c301853a67355fa14", "34349340": "4879706572426974636f696e697a6174696f6e", "34349345": "74657874", "34349347": "74657874", "5482373484": "af5d8c79f58a5912dfc8372d7b9d1efa

Archives