patoshi

patoshi

@patoshi

(;;)

No one you following yet

(;;)

No one following you yet

(;;)

No posts yet

自由を届ける

雑談シリーズです。Audrey Tang さんへのインタビューを書籍化した「自由への手紙」を読みました。なぜか最近良く本屋さんで見かける Audrey さんですね。Rebuild の ep271 はとてもよかったのでぜひ。 https://rebuild.fm/271/ この本では様々なことから「自由」になるための、Audrey さんの考え方を語られています。「自由」は私にとっては重要なキーワードなので読んでみたというわけです。結局これも夜読み始めて、良すぎて、そしてさくっと読めてしまう量なので一気に読んでしまいました。Audrey さんの考え方に触れるのは今回がほぼ初めてだったのですが、Audrey さんの考え方には、たぶん基本的には大筋だいたい合意できるタイプの方だなと思いました。ちなみに Netflix の No Rules を読んだときも、コンセプトはだいたい合意できると感じました。でも Netflix はそれを企業として実践し続けていることがすごいなと思いました。   先程も述べたように、この本では、「格差から自由になる」、「デフォルトから自由になる」というように、さまざまなテーマで自由ことを目指しています。読めばわかるのですが、自由、の他に、Open、透明性、というキーワードがいくどとなくでてきますし、言外にそれを示唆する文がちりばめられています。自由を実現するには、Open さと透明性が必要であるということです。 台湾でマスクを全国民が購入することでがきるようにするために、決済手段を決める意思決定をしたときの考え方がのっています。導入が簡単なモバイル決済ではなくて、より多くの人が利用することができる国民健康保険証を利用することを選んだといいます。それはこのような理由からです。 > セーフティーネットとは、すべての人のためのものなのですから これは Open です。Open でなければ、セーフティーネットには絶対になりえないのです。ちなみに台湾では、半年滞在すると国民健康保険証をもつことができるようです。すごいな...。でも Open という考え方を敷いていれば、当然のことなのです。 Audrey さんはこのようにいいます。 > 私は常に、「透明性」が重要になると考え、そう発言しています。 これは主に国家の透明性についてのべているようです。国民は国家のすべてを知ることができ、国家が国民のことを知るには国民の許可が必要。これは"民主主義"と呼ばれる仕組みを機能させるためには絶対に必要なことです。ので、いまは民主主義が世界のどこでも機能していません。これは民主主義がだめということではありません。よく民主主義はだめだ、的な意見も聞きますが、だめな

Archives