Polkadot系のWASM Runtimeでのアップグレードは迷惑

Polkadot系のWASM Runtimeでのアップグレードは迷惑

この記事はBlockchain Advent Calendar 2022 20日目の記事です。

Polkadot(relay chain)とAstarなどのParachainはハードフォークではなく、Validatorなどの投票によって、WebAssembly(WASM) Runtimeを変更することができます。

これはノードメンテナンスが減るメリットがある反面、急遽ウォレットなどアプリケーション側も変える必要が出てきたりしてとても面倒なんですよね。

開発環境にて、ハードフォーク対応のため、ノードアップグレードしたら、ウォレットの改修が必要で、ハードフォークまでに本番の改修に間に合わすほうが保守運用としてはやりやすかったりします。

WASM Runtimeの変更は情報を追えばいいんですけど、開発環境のノードのRuntimeも本番のノードのRuntimeもほぼ一斉に変わるので、開発環境で検証できないのは危険だと思いました。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ブロックチェーンエンジニア。 好きな食べ物はTwo Dogs TaproomのPizza。

Share

Popular stories

bitFlyerクレカの優待でご馳走食べてきた

230

久しぶりにGethを動かす人のためのTips

184

マスタリング・ライトニングネットワーク発売!技術書の読み進め方

162