InstadappでPolygonネットワークのアカウントを作る方法

InstadappでPolygonネットワークのアカウントを作る方法

Polygonでアカウントを作成するには、EthereumネットワークをPolygon / Matic Networkに変更し、通常どおりにアカウントを作成する必要があります。

MetamaskでMaticネットワークを追加する方法

EVMネットワークを追加する最も簡単な方法は、Chainlist.orgを使用することです。

ChainlistをGoogle翻訳して詳細に説明しますね。ChainlistはEVM(Ethereum Virtual Machine:Ethereumのスマートコントラクトと思ってください)で使えるネットワークのリストで、Metamaskなどのウォレットに任意のネットワークを追加できます。Matic(Polygonネットワーク)がデフォルトでは選択できないため、このサイトで追加する必要があります。

まず下記画面の右上の検索画面でMaticと入力し、メタマスクに追加をクリックします。

MetamaskがMaticを追加していいか聞いてくるので、Approveをクリック。

ネットワークを切り替えるか聞かれるので、Switch networkを押します。

その後Instadappに戻り、Metamask上でネットワークをMaticに切り替えると、Instadapp上でPolygonネットワークのアカウントを作成できます。

アカウントが作成できたら、右上のアカウントのアイコンがPolygonのものに変わっているはずです。

Polygonアカウントも今までのEthereumアカウントと同様に管理できます。

Authoirityページを見ると、Polygonアイコンで作られたアカウントを確認できます。

もしEthereumアカウントに戻したい場合は、アカウントをクリックすればMetamaskも自動的にアカウントを切り替えてくれます。

この続き : 0字 / 画像 0枚
100

会員登録 / ログインして続きを読む

関連記事

記事を書いた人

■仮想通貨で大損こいて、悔しい・・・っでも面白いっビクンビクンってしてる人。 ■USAと南米に良く行くので現地の様子をレポート ■Token-labライターさせて頂いています。

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

6歳児でも分かるガチでやさしいDeFi ~3歳児には無理でした~

7842

イーサリアムとBSC(Binance Smart Chain)ってどう違うの?

4091

やさしくなくなってきたDeFi ~安全にTestnetでやってみよう!~

1603