ビットコインは一時的に揺れが主になる

ビットコインは一時的に揺れが主になる

よろしければ、身近にビットコインを遊んでいる友達をお勧めして注目してください。サポートありがとうございました

夜は淡々としていて、市場に大きな変動はありません。OKEXの方にも最新の情報はありませんが、多くの投機者がOKEXの中のUとBTCを受け取る商売をしているのを見て、これらの投機商は本当に穴がなくて、差額を見て迅速に利を得て、大きな服を着ています。OKEXがコインを引き出すことができなくなったため、その取引所内のすべての資産が現金にならなくなり、OTC取引業者は駅内口座振替+保証で割引のOK資産を買収し、流動性不足によるプレミアムを稼いでおり、この商売は悪くなく、それぞれの必要なものであるが、皆さんが相手と取引する際には底を明らかにしなければならない。正規のプラットフォームが保証されていないので、万が一詐欺師に遭遇した場合、。理屈を言うところがありませんね。このことは側面からも,投機者はOKEXの将来の貨幣引き出しを悲観的ではなく,認知内のお金を稼いでいることを示している.

一方,オンラインのための十分な準備をしているFilecoinは鉱工の集団停止を引き起こし,いくつかのFIL鉱床計算力が大幅に低下し,プロジェクト側に抗議した。狂人はこの背後の論理を言って、実はこれらの鉱機は停止しようとしているのではなく、彼らは鉱を掘る資格がなくて、多くの鉱夫は大金をかけて機械を買って、オンラインになってからFILを抵当に入れて鉱を掘ることができることを発見しましたが、手にFILがなくて、FILの寄り付き価格が明らかに過大評価されていて、二級市場から購入することもできません。明らかな需要が供給より大きいからです。ローン市場でも貸し出し可能なトークンが見つかりませんでしたが、最後に半日やってお金を使ってくず鉄をたくさん買って、持って急ぐしかありませんでした。そこでこれらのくず鉄保有者は分岐FILによる自己救済を行おうとし,プロジェクト側に担保掘削鉱のキャンセルを要求し,キャンセルしなければ分岐に向かった。これが鉱夫たちが集団でデモを止める背後の論理であるが、このことはプロジェクト側の問題ではないと狂人は感じている。1年前に、狂人はFILを掘るにはFIL担保が必要であることを知っていて、当時ある業界関係者と狂人はIPFSがオンライン化した後に大衆維権の状況に直面することを予測していた。このことは鉱機メーカーも知っているに違いないが、まだ多くのメディアの太ももを抱えて泡を吹いて、プロジェクトがどんなにすごいことか、鉱機やクラウドコンピューティング力を買っている。今プロジェクトは本当にオンラインになって、バブルは破裂して、真相不明の大衆は心のある人にリズムを持って維権プロジェクト側に行かれて、これも本当に滑稽です。これらの規則はとっくに制定されていますから、鉱夫たちはいったい誰に騙されたのかまだはっきりしていないのでしょうか?

世界のビットコインATMは年初より75%増の11110台に達した。 ビットコイン鉱機の計算力は20Tに達し、史上最高を記録した。 ビットコインのインフラは急速に上昇しており、基本面の段階的な良さは、多くの場合、貨幣価格が高騰する前の蓄積であり、貯蓄の後に爆発するだろう。

また、アメリカの選挙に近づくにつれて、ブラックスワンのリスクに注意しなければなりません。トランプの在位は1日で、私たちは1日慎重にしなければなりません。

                                             相場分析

ビットコイン:今日は市場量が大きくなく、小幅な反発が出ていますが、依然として動揺の相場から離れておらず、11500の圧力は依然として大きく、校長は引き続き動揺しているという観点を維持しています。長期的な上昇の動きは変わらない。

ETH:連動相場は、Ethernetチェーン上のすべての資産の総市場価格が1000億ドルを超えて、ERC20メダルの総市場価格がETHそのものを超えて、その生態がいかに巨大で、未来が2.0着地すると、これらの生態はEthernetの賦能に疑いがないので、長期的に保有しているだろう。

LINK:反発相場を出て、主流貨幣を上昇させ、欠点は今日も量能が大きくなく、反発の持続力が限られており、独立相場を歩きにくいことである。

BCH:連動振動は主であり、下方支持240、上方圧力260である。

週末はやはり休みが中心で、市場量が大幅に縮小することは、大資金が様子見していることを示しており、この相場では、操作を少なくしてミスをしないのが得策だ。

画像1

今日の動向はまあまあです。私は1時間以内に112個のETHを儲けました。

LINEを追加してファングループに参加してお金を稼いでください。

画像2

100

記事を書いた人