ビットコインくじ引き in 広尾 &
zapでUmbrelのLNを操作

ビットコインくじ引き in 広尾 & zapでUmbrelのLNを操作

みなさんこんにちは赤かぶとです。SpolightとDiamond Handsによるビットコインのくじ引きイベントが現在開催されています。以下がその詳しい内容のリンク先です。

東京亀有のスパイスカレーと水曜木曜限定での渋谷のキッチンカーから始まり、普通に(普通に?)買い物をしたお客さんにくじ引きをしてもらうイベントで実施している店が東京、大阪、沖縄と各地で開催してますね。

Lightning Network(LN)を利用したビットコインのくじ引きなので、金額を細かく設定したり(今回ここは主催側の方ですが)送金の速さを体験できます。これは初めてビットコインを触れる人にとっては使い勝手が向上したビットコインからスタートになるので、実はかなり有意義なイベントです。

私はUmbrelでビットコインのフルノードを建ててLNのルーティングにギリギリ参加している端くれ者でLNの面白さは既に多く触れています。そこで家族にこのくじ引きでLNを体験してもらおうと思いました(家庭内ではMuun Walletを使って送金し合って遊んではいますが外部とのやり取りをしたことがないのです)

前日に子供や妻のiPhoneにWallet of Satoshi(WoS)をインストールし、私は黒zapで自分のUmbrelを呼び出すようにしました。既に使っているMuun Walletでもビットコインくじを受け取れますが最近WoSが良さそうな感じ

くじに対応している店舗に東京広尾のフランス子供服のビドゥイエがありこども服を中心に取り扱っていて、他にもフランス雑貨もあります。日本には無いセンスを感じさせる雑貨がとても面白いです。
そして有りましたライトニングおみくじのフライヤーが😄

当日購入したのは傘と組紐で、既にbFの金光さんがここビドゥイエで傘を購入してくじ引きをしていて、これは俺も買った傘でセルフィーか?と逡巡した結果辞めておきました。おっさんのセルフィーに需要はありません

ちなみに子供に買った傘は金属の使用割合が低く骨組みが金属ではなくファイバーでできているので柔軟です(たぶんボキってならない)

くじ引きの動画を撮り忘れてしまった

2回買い物して2回とも500satsゲットです!500satsのくじが減ったので以降の大当たりの当選確率の向上に貢献したとも言えるはず!
そして謎の高揚感。ルーティングで500satsなんて得る訳ないのでこれはライトニングマイニングです。

困ったことに500satsのくじをWoSへ取り込む画像も撮り忘れました。いつもやっている作業とほぼ同じだったのですらすら操作してしまい、着金した時には既に遅し。この一連の流れはbcatsさんが詳細に説明してくれていますのでリンク先を貼っておきます。bcatsさんはBWにて取り込みをしています

黒zap zap使いの受難(日本限定?)

*これはイメージです

aztecoバウチャーとLN walletについてです。過去にもLN上のBTCを日本円で買う記事を出しました。あの時はカストディアルBlue Wallet(BW)のLN walletでカストディアルBWは使い勝手が良くてLN walleの入門用として推奨なんですが、送金手数料を極限まで自分でコントロールしたい病に罹患すると納得がいかなくなってきます。断っておきますがBWは良いwalletです

zap

既に知ってる人も多いと思いますがZapというwalletがあり青白と黒があります。LNのノードを管理する方は黒で青白はオンチェーンのBTCを利用する多機能ウォレットのようです。このLNノード管理用の黒zapですがiPhoneのアプリは現在日本ではダウンロードできません。いつの間にか拒否されていました。白もダメ
デスクトップ版のzapはダウンロードも利用もできているのでモバイルだけ利用できない状態です。Andoroid版はどうなんでしょう


zapをダウンロードしようとすると拒否されます

フルノードと連携するLN wallet

これに対してBWは自分のフルノードummbrelのLNと連携して利用することができる上にダウンロードもできます。黒zapと違って使える機能は減りますがwalletとしては問題無く使えます。
BWはこの時はフルノード管理walletになりますので、サクッとダウンロードして使うカストディアルBWとは違いますので注意

またまた登場しますがbcatsさんの記事後半にもumbrelとBWとの連携について書かれていますのでどうぞ。

最近Umbrelと連携するLN walletとしてzeusを試しています。このwalletもLNURLに対応しているので使い勝手は良さそうです。Umbrelとの設定はUmbrelのconnect walletの通りに従ってやれば余裕です、いやマジです

zeusを使用した感想は黒zapと同じように動作は遅めですが黒zapより幾分良い気がしています。黒zapと違い今後継続して利用できるのならzeusをメインにすることも検討中。

黒zap利用によるaztecoバウチャーの取り込み

aztecoバウチャーのQRコードを読み込めるwalletはBW、Breez、Phoniex、Wallet of Satoshi(WoS)と公式に載っています。これはlnurlという技術が使われているようで、LNURLをサポートしているアプリならBTCを取り込めます。Muun WalletがLNURLをサポートしていないのが残念。

取り込み(リサイズはしていますが無加工です)

まず黒zapを起動しますtorで接続するので遅いです、しかもたまに繋がりません。その時はアプリを一度終了させて再度接続します。
torを利用する時は時間と失敗におおらかになることがマジで大事です

右上の→をタッチするとホーム画面になります。ここで受け取ると選択します。
ダウンロードできないのに日本語化の対応は済んでいるが余計に残念

ライトニングで受け取りを選択しますがQRコードのアイコンを選択します。
ライトニングの受け取りしか使ったことがないのでオンチェインの向こう側はどうなっているのか。

QRコードを撮影します。WoSやBWと違い動作が遅いのでスクショは楽勝で残せました。このQRコードを読み取ると既に償還済みになっていますので試しに自分のウォレットで読み込んでみるのもいいですね。
なんだか色々書いてありますが生粋のビットコイナーはこの辺抜かりないのでおそらく今拡大して見てると思います。

受け取りの着金なのにWithdrawと表示されるので一瞬「は?」となりますがBTCの受け取り数量がこのように出ます。ここでWithdrawをタッチします(出金ではなく引き抜いてると思えば納得がいきます)
終始4G回線で操作していますが思ったほど遅くはありません。

無事BTCが入りました。

ここで思うのが取り込んだBTCはどのチャネルに入るのか?ということです。

*これもイメージです
例えばこのようにペイメントチャネルが多数開いていると受け取りの時のチャネル指定はできません。送金の時にはFirst Outgoing Channelで先発投手を決めれますが、aztecoとチャネルを開いていないノードではどのチャネルが受け取るか決まっていません。ただしキャパシティの余裕とaztecoノードとルーティングがより有利なノードから来るのだろうとは思います。

Ride The Lightnig(RTL)でinvoiceを確認すると数量や時間などは記載されていますが相手先は載っていません。

しかしLNDgで見てみると受け取った先の情報が見れます。Channel ID 8022...

どうやらzero fee routingのチャネルを通っていたようでした。最近私のzero feeは何もしないどうしたのだろうか

黒zapを利用しての受け取りの意義

カストディアルBWの受け取りは操作感も実際の速さも良いです。LNらしく送金手数料は0.5%と(銀行の手数料に比べれば相当に安い、最近はこの表現自体が死語ぽい)十分安いもんです。しかし少し前に書いたように、送金手数料を極限まで自分でコントロールしたい病にかかるとどこまで安く仕上げられるだろうかと思うとやてみたくなります。
カストディアルBWで受け取ったBTCを他へ移す時には0.5%を要し、それすら安くしたかったので今回その一手段を紹介しました。これはUmbrelと連携したBWも同じく最安の手数料で処理することができますのでこれから自分のUmbrelをモバイルデバイスで扱うならBWが有力候補になるかなと。

もう1つ、自分のフルノードを外で使えるということはカストディアルウォレットを必要としない面があります。カストディアルウォレットの使用制限の話題が既に出ているので、いつかは自分のフルノード上のBTCをアプリで操作する日がくるかもしれません。

現状はペイメントチャネルの設定がなかなかに難しく、自分の親にフルノードを建てたらまずBTCをオンチェーンで入れてDHに0.1BTCくらいをmempoolで安い時間帯にチャネルを開いてインバウンドキャパシティを用意するために半分くらいをLOOP OUTして時々キャパシティの偏りがないかチェックしてはリバランスするように、とは無理です。

今後の発展に期待大です。

BTCのLNは海外では対応が多くなり普段の生活に浸透していくのが早いだろうと思います。何気なく使う時にカストディアルなLN walletとノンカストディアルなLN walletに違いを見出すのはたぶん無理です。カストディアルLN walletでも十分に手数料は安いことと、ノンカストディアルは現状ほぼtorをはさむので決済以外はゆったりしています。しかしそれ以上に自分のBTCであることを実感するノンカストディアルLN walletは実際使うと「おぉー!」てなること間違いありません。

今後もLN walletは改良されていくと思いますので追ってマシな情報を伝えていければと思います。それと私よりもっとwalletに強い人がいましたらご教授お願いします。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

LNとプロフィール画像がハマりました。LN素人枠。いつか守護神と呼ばれてみたい

Share

Popular stories

初心者によるUmbrelインストール時のトラブル

489

LNDgで自動リバランス

481

日本円でLN上のBTCを買う

324