「画家が、これを使えば腕が上がるという筆を手にしたら、自分の描く絵でそれを使ってみたいだろう」

「画家が、これを使えば腕が上がるという筆を手にしたら、自分の描く絵でそれを使ってみたいだろう」

「これはまるでラテン語の勉強について語っているみたいじゃないか。ラテン語を勉強しても就職には役に立たない(まあ、古典の教授を除いては)。でもそれはあなたの心を豊かにし、 英語なり何なりの実際に使う言葉をよりうまく使えるようになる。
〔中略〕
 だとしたら、もしエリックが言うようにLispが良いプログラマを作るなら、Lispを使ってみちゃあどうか。画家が、これを使えば腕が上がるという筆を手にしたら、自分の描く絵でそれを使ってみたいだろうと私は思うんだ。」

(出典: ポール・グレアム『ハッカーと画家 : コンピュータ時代の創造者たち』174ページ.)

 

 

「これ好奇のかけらなり、となむ語り伝へたるとや。」

 

https://wisdommingle.com

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

たくさんの人が、目を輝かせて生きている社会は、きっと、いい社会なのだろうとおもいます。 https://yukinobukurata.bio.link/

Share

Popular stories

メタバースに図書館建ててみた 仮想都市Cryptovoxelsではじめる異世界トークンエコノミー

495

Cryptovoxels(クリプトボクセルズ)のVR空間でNFTを使って展覧会を開催してみた

168

奈良の大仏(東大寺の盧舎那仏像)を造立するために聖武天皇が出した命令書「造立盧舎那仏詔」について

113