『賃労働と資本』(カール・マルクス著)を読んで

『賃労働と資本』(カール・マルクス著)を読んで

■はじめに
今回は、カール・マルクス著の『賃労働と資本』についての話をしたいと思う。 ■労賃とは何か?それはいかにして決定されるのか?
労賃とは、資本家がもって一定量の生産的労働力を買取るべき、既存の商品の一部分である。 ■商品の価格は何によって決定されるか?
商品の価格は、その生産費に等しい。(ここで言う商品とは上記で述べた労賃のことであり、原価+付加価値として販売されているモノやサービスのことではない) そして、その生産費とは
この続き : 621字 / 画像 0枚
100

会員登録 / ログインして続きを読む

関連記事

記事を書いた人

夢は世界中に影響を与え社会貢献すること。 謙虚、感謝、親孝行。

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

LNノードの運用益はどれぐらい?パート1

925

LNノードの運用益はどれぐらい?パート3

513

猫でも分かるLightning Network解説!

460