マーケティング思考のAppleは二味くらい辛口。

なまえ

悲しい出来事が起きたのでメモ的に書いてみる。Appleごめんね。

 

・・・

 

9月初旬にMacBook Pro Mid2017 15インチのキーボードが故障した。

修理プログラムの対象だったので、迅速に修理に出した。

キーボードの修理は完了したがUSBの接続部分にエラーが出ているので直されると聞かれるが、時間がなく、致命的な問題との説明もなかったため修理をせずに返却してもらった。

 

届いたMacを触っていると異音がする。

最初は生活音だろうと気にしていなかったが明らかにMacから鳴っている。

そして画面のちらつきも感じる。

 

これは、、、おかしい、、、

 

 

10月上旬にAppleに連絡し、異音や画面のちらつきがキーボードの修理後に起こったことを説明し、見てもらうことに。

 

しかし、パソコンがないと困るため修理するのを延期してしまった。

 

11月中旬にやっと修理を申し込み、今日返答があった。

 

文字 899字

100

コメント(3件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

なまえ

アドバイスありがとうございます、、、!
見積もりしてます😇

なまえ

Appleの修理能力の低さ(とボッタクリ)はYouTubeでマックブックの修理が専門のLouis Rossmanって人がさんざん言ってます。独立系の修理屋さんに相見積もりしてみては?

なまえ

最後の人物は、ゴルゴ13の登場人物では?? 本質の解決に関係ないことで、お許しを。