日本におけるブランド「シャネル」の展開の軌跡 2(2009~2020)

2009年 岡山のクロキのデニム生地がシャネルで採用されていることが報道(いつから採用されているのかは、まだわからない)。

2009年 ブランドレンタルサービスが報道。そのレンタル品の中にはシャネルも。

2009年 「ブランド・ジャパン」の調査、シャネル社のランキング下落を報道。消費者の「ブランド離れ」が指摘される。

2009年 寒河江市の佐藤繊維の糸をシャネルが採用していることが報道(いつから採用しているは、わからない)。

2010年 薄い緑のマニキュア、シャネルのショーでモデルたちがつけていて人気に(2009-10AWのショーでモデルたちがつけていたんだそう)。

2011年 抗糖化美白ブーム、シャネルが外資で初、薬用美白成分の承認を取得。

(マトラッセ模様=キルティング シャネルバッグに典型 1930年代に出現)

2011年 シャネル社、若手音楽家を発掘、紹介活動が報道される。

2011年 コスメームなど、郊外SCや駅ビルでもシャネルの取り扱いが始まる。

2012年 シャネル、日本初の免税ブティック。

2013年 シャネル、時計宝飾品を平均5~6%値上げ。

2017年 GINZA SIX開業。シャネルも入る。

2018年 シャネルのミューズ、カーラ・デルヴィーニュが女優としても注目。

2018年 BIGBANGのG-DRAGONがシャネルのショーのフロントローに招待されるほどであることが報道。

2018年 高級ブランドレンタルのサブスクが報道される。

2018年 中国、上海などでシャネルバッグ人気。

2019年 シャネル、男性用コスメ「ボーイ ドゥ シャネル」開始報道(実際の販売開始は2018年らしい)。

2020年 30代後半女性の人気コスメランキング5位にシャネルが食い込む。バッグも5位。

2020年 カレー屋ココイチ、「CoCo」はココ・シャネルを意識し命名したことを証言(日経ビジネス、2020年4月13日号、pp.72-73)。〔→1978年に名古屋市清州に一号店。奥様も素敵ね、と言ってくれたという。〕

→面白すぎる。

2020年 5月、シャネル、マスク生産に着手のきっかけを報道。

この年表は、基本的にWebの日経BPデータベースで「シャネル」という検索ワードで検索して引っかかったものから主だったものを抽出しているので、あくまで一つの傾向として理解していただければ幸いです。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

歴史探究系、事象考察系、読書感想系。

Share

Popular stories

ココ・シャネル関連の文献調査 1

21

「新自由主義」の構造転換 0ー1

18

家永三郎「戒具の歴史」

15