【一休み】暗号通貨市況&ビットゼニー(&DeFi)の定点観測【2020年9月】

【一休み】暗号通貨市況&ビットゼニー(&DeFi)の定点観測【2020年9月】

500

こんにちは。ジャノメ羊ノブナガです。

9月に入り暑かった日々もようやく落ち着いてきましたね。それにしても今年の夏はしんどかったです・・・。 

さて毎月恒例の暗号通貨の定点観測をしていきます。では行ってみましょう。

暗号通貨市況の定点観測とは・・・月に1回暗号通貨の市況(&ビットゼニー )を振り返ろうという企画です。

【前月の定点観測はこちら】【DeFiバブル】暗号通貨市況&ビットゼニーの定点観測【2020年8月】

2020年9月の暗号通貨市況の定点観測

暗号通貨の時価総額とBTC比率

まずは今月と先月の暗号通貨時価総額とBTC比率からです。 

今月

前月

 

時価総額→3730億ドルから3527億ドルへ調整。

BTC比率→58.8%から57.5%へ。ほぼ変化なし。

時価総額は今月は一休みですね。幸い出来高は先月より増えているので悲観的になる必要はないでしょう。

BTC比率は微調整の範囲で特にコメントすることはありません!

 

次は8/19〜9/19の時価総額全体チャートです。

9/6に一時325Bドルまで落ち込んでいますが、その後は緩やかに回復していますね。

今後の目安としては、

直近高値の390Bドルを超えられるか

が一つのポイントだと思います!

 

時価総額トップ30ランキング

続いて、仮想通貨のトップ30までをざっと見ていきましょう。

まずは上位1〜10位から。

Polkadot(DOT)が5位に上昇!

ブロックチェーンの相互連携などで活用が期待されるコインです。元イーサリアム開発者が創業者で先月大きな話題になりましたね。

そのほかだとBNBが7位に登場、CROが9位に登場!

LINKは8位に・・・。先月19ドルだったのが10ドルと一気に半値近くになりました。ボラティリティが高いですねー

 

11位から20位。

地味にUSDCの供給枚数が1.2億枚から2.1億枚に!

それに乗じて時価総額の順位も18位から14位に上げました。

そしてEOSがベスト10から陥落しています。そう言えば最近あまり聞かないような・・・。

 

 

21位から30位。

XEMが30位から21位に上昇。

XEMは新コインSymbol(XYM)の発行で国内でも結構話題ですよね。

 

それと今月から24位にDeFi銘柄のYearn(YFI)が登場しました!YFIは1枚あたりの価格がビットコインの価格を超える注目コインです。

また26位にはwBTCが登場しました。wBTCはDeFiで使えるビットコインです。

27位のAAVE、30位のDAI、31位のUNI、32位のUMAあたりを含めてDeFi関連の通貨が多いですね。

 

(ちなみに一年前の記事はこちらです。読んでみましたが、相当昔の記事のように感じました)
【アルトのターン?】暗号通貨市況をまとめてみた。【2019年9月定点観測】

 

今月のビットゼニー

*僕はビットゼニーマキシマリストです。興味のない方は「おわりに」まで飛んでいただけると幸いです。

ビットゼニーは遊びで保有するには最高の通貨ですが、キャピタルゲイン目的の投資対象としてはオススメしません。

さあ本編へようこそ。笑

毎月注目の「今月のビットゼニー 」のコーナーです。

今月はこちら。

ビットゼニー神社さん、Bitzenyとブランド梨「彩玉」を交換

すっかり毎年恒例になりましたBitzeny神社さんの大人気企画

梨とビットゼニーを交換しよう

の企画ですが、今年も無事に梨が収穫が行われ、ビットゼニーのみなさんのもとに届いたようです! 

見れば見るほど美味しそうな梨ですね・・・!

僕はボケっとしていて応募を忘れてましたw
来年はぜひ応募したいと思います。

ビットゼニー神社さん、いつも楽しい企画をありがとうございます!

 

おわりに

以上、今月の暗号通貨市況&ビットゼニーの定点観測でした。

有料部分は今回初の試みとして、「今月のDeFi」というコーナーを作ってみました。

参考になるかはわかりませんが、投げ銭を投げる気持ちで買っていただけると嬉しいです。

500