雉に出会いました。

雉に出会いました。

冬期湛水をしている、田んぼの水を見に行く途中で
見事なオスのきじが「こっこっこっ」と、歩いていました。
(歩き方から、こんな声が聞こえてきそうな気がしました。
実際は「ケーン」となくのだとか、なかないのだとか。)


そういえば七十二候ではこのあいだは
「第六十九候 きじ はじめてなく 」でした。
どうやら本当に、きじが活動的になる季節のようです。七十二候、すごい。


先日つもった雪は、まだまだ柔らかいところがあるのかたまに雪にハマっている様子に親近感をおぼえます。


-------------------

きじを見ると、昔飼っていた犬(当時すでに10歳ほどの老犬)が、
玄関の近くでメスのきじを捕まえていたことを思い出します。
繋がれていたのに、どうやって捕まえたのか
きじもどうして捕らえられるまでに近づいたのか・・・。
10年近く経ったいまでも、謎です。



文:西村有里加

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

山奥の地元でニホンミツバチと暮らす人たちです。

Share

Popular stories

チーム養老先生の逆参勤交代はじめます。

185

なぜ、セイヨウミツバチの蜂蜜を取り扱うことにしたか。

179

令和四年度の新米の販売が始まりました。①〜水路作りから冬期湛水〜

110