三重滞在記 #4 ~伊藤酒造、桑名、鈴鹿編~

三重滞在記 #4 ~伊藤酒造、桑名、鈴鹿編~

みなさんこんにちは。今回は、三重滞在記の最終回をお届けしたいと思います。前回は、いろいろな事があって大変な1日でしたが(笑)、四日市とんてきでエネルギーをしっかりと補給!そして翌日は、朝から伊藤酒造さんでの酒造りの最後の工程である「瓶詰め・ラベル貼り作業」に参加しました!すでに日本酒は、搾りの工程を終えてタンクに入っている状態なので、そこから・・・

このように、人力でピッチャー容器に移し替えたら・・・

またまた人力で、日本酒の瓶に注ぎ入れていきます。ちなみに、片方は720mlが入った見本の瓶で、その見本と同じ液面の高さになるように慎重に注いでいきます。そして打栓をし、これまた人力でラベルを貼ったら・・・

日本酒の完成です!このお酒は、自分達で最後まで様々な作業を手伝いながら造り上げるので「慕蔵(ぼくら)の酒」と言うネーミングになっていて、この企画に参加した会員限定のお酒となります(ある意味レア(笑))。こちらは一升瓶サイズですが、これだけ並ぶとなかなか迫力がありますよね(笑)。

こちらは720ml(四合瓶)サイズです。みんなで協力し合いながら完成させた日本酒が、次から次へと並べられていく光景にはある種の達成感があります!

ラベルは糊で貼り付けるので、しばらく扇風機の風を当てながら乾かす必要があります。そこで、その待ち時間も兼ねて・・・

昼食休憩!しかも、今詰めている慕蔵の酒を飲みながらのプチ宴会です(午後の作業に支障が出ない範囲で(笑))!そして、今年の慕蔵を初めて頂きましたが、搾ってまだ数日しか経っていないのでとてもピュアでフルーティ、そして程よく旨みも乗った素晴らしい出来映えでした!やはり、搾りの日程を数日遅らせたのは大正解だったようです。そしてプチ宴会後、再び瓶詰めとラベル貼り作業を行い・・・

ようやく全ての作業が終了!一升瓶で240本、四合瓶で600本分の「慕蔵の酒」が出来上がりました!そして、ここからは・・・

今年の酒造りの成功を祝して、打ち上げに突入(笑)!お寿司と慕蔵の酒は良く合います!・・・そしてこのタイミングで、昨日出荷したワインがお客様の元に無事に届いた事を確認(笑)。一安心すると共に、益々お酒が美味しくなりました(笑)。さらに・・・

後半は味噌おでんも登場したので、ここからは燗酒で一杯!ちなみに、慕蔵の酒は「純米吟醸の無濾過生原酒」で、一般的に生酒はあまり燗酒にしないのですが、この慕蔵の酒は燗酒にしても美味いんです(笑)。結局、辺りが暗くなるまで打ち上げは続き、最後は・・・

やはりラーメンで〆ました(笑)。そして翌日は、昼前までしっかりと睡眠を取ってから・・・

「ジャズドリーム長島」を訪問!新しいスニーカーを買いに来たのですが、いろいろと見ていたらフードコートで・・・

まさかの「金子半之助」を発見!以前、東京出張の際に大丸の地下でお弁当を買った事があり・・・

とても美味しかったのですが、ここでは揚げたてが食べられると言う事で・・・

さっそく江戸前天丼をオーダー(笑)。やはり揚げたてはより美味しいですね!・・・車じゃなければビールか日本酒で一杯飲りたいところでした(笑)。そしてこのあと、私は静岡への帰路に・・・就かずに(笑)、なんともう1泊四日市に泊まりました。と言うのも、明日は鈴鹿でいつもお世話になっている飲食店さんにワインを配達しつつ、一緒に飲みに行くと言う大事な用事が(笑)!

そして翌日、鈴鹿に向けて出発した私ですが、ここでもちょっとだけ寄り道をしていきました。それが・・・

こちら!「家族的美食屋 ラーメン・ぎょうざ あじへい」さんです!以前、「秘密のケンミンSHOW」で、三重県を代表するチェーン店として紹介されていて、一度行ってみたいと思っておりましたが、今回ようやくその夢が叶いました(笑)。そして・・・

日替わりランチのセットラーメンを、テレビでもおすすめしていた「あじへいラーメン」に変更してオーダー!白菜と豚肉が入ったラーメンは、醬油ベースのスープに豚肉の旨みと白菜の甘みが絶妙なバランスで絡み合ってとても美味しい!また食べたくなるような味わいで、ぜひ静岡にも出店して欲しいと思いました(笑)。

その後、無事に飲食店さんへのワインの配達も終えて、夜は焼肉で一杯飲りました(写真撮り忘れた(笑))。そして2軒目に行ったお店では、日本では珍しい・・・

「白酒(パイチュウ)」を試飲!白酒とは、高粱(コウリャン)と呼ばれる穀物を使った中国の蒸留酒なのですが、この「明江四川白酒(ミンジャンシセンパイチュウ)」は輸出用に開発されたブランドだそうで、香りにはパイナップルのようなトロピカルフルーツのアロマが感じられて美味しかったです!

そして翌日、いよいよ静岡に帰る日となりましたが、鈴鹿で有名なサンドイッチのお店があるとの情報を昨日聞いていたので、さっそく教えていただいた・・・

「鞍馬サンド」さんへ!・・・ところが、なんとこの日は臨時休業(笑)。そこで、今度はこちらの・・・

「ドミニク・ドゥーセの店」に!こちらは、日本でF1グランプリが開催された1987年、鈴鹿サーキットの専属シェフとしてフランスから来日し、それ以来ここ鈴鹿で愛され続けている有名なお店です!店内にはたくさんの美味しそうなパンが並んでいて・・・

先ほど買えなかったサンドイッチや(笑)・・・

チキンミートパイ(パイ好きな私としてはマストバイ(笑))、そして・・・

本場フランスの味として人気のカヌレ(バニラ、イチゴ、抹茶)などを購入(パッケージもオシャレ!)。たくさんの三重土産と共に無事に帰路に就きました(笑)。

さて、お酒造りの縁から始まった今回の長旅でしたが、最後は三重県の魅力にどっぷりとハマる充実した6日間となりました。いや~、また三重に遊びに行きたいな~(笑)。そして早くも、今年の「慕蔵の酒造り」が待ち遠しくなりました(10月ぐらいですが(笑))!

Remaining : 349 characters / 4 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ワイン、日本酒、音楽、サッカー、アウトドア好きです。お酒にまつわる面白い話を書いています。また、ネットでワインショップ「LIFE WITH SAKE & WINE」をオープンしました。10%オフクーポン「open2021」(お1人様1回有効期限無し)ご用意したのでぜひご覧下さい!

Share

Popular stories

シャインマスカットで飲む

1176

芸能人格付けチェック、なぜ白ワインと赤ワインを間違えるのか?

1135

シンポジウムの語源にワインあり?

924