全員に現金10万円を配ることによるインフレ(と株高・仮想通貨高)期待

全員に現金10万円を配ることによるインフレ(と株高・仮想通貨高)期待

こんにちは。けとるです。

この度「特別定額給付金」が国民一人辺り10万円配られることになりました。早い市町村では既に受け取っている人もいるようです。

さて、この「家計への支援」名目で配布された給付事業費12兆7344億円の紙幣は、将来増税またはインフレという形で国民に返ってきます。

今回は金融緩和で市場への資金をジャブジャブにするのとは違って、国民が直接10万円を手にすることができます。

「資金を大量に供給すれば物価が上昇する」というのは毎回そうなるとは限りませんが、「直接手元にきた10万円」で株や仮想通貨を購入した人が一定の層いると推測しています。

物価が上昇するなら現金の価値が希薄化するので、株や仮想通貨等を保有していると法定通貨への保険になるからです。(投資、投機はお金が増えそうで面白いから参加している人が増えたというのもあるかと思いますが)

その辺を織り込んでいるのか、米株・日本株・仮想通貨等「3月の落ち込みがなんだったのか。高値更新している銘柄も散見される」くらいの回復を見せています。

「10万円が全員に配られる」ニュースが出回った後に、「10万円以下で購入できる株」が大幅に値上がりしたのも興味深かったです。

テレワークとの相性もよかったのかと思います。FXに参入した人も増えてそうですね。

今回の政策によって、どこまでインフレになるかや株高が続くかはわかりませんが、円に替わる資産群(株、仮想通貨、金等)が急上昇しているのを見ると「法定通貨の価値が希薄化する」とはこういうことなのかという印象でした。

お読みいただきありがとうございました。

100