山梨ワイナリー巡り 番外編2 〜リゾナーレ八ヶ岳〜

山梨ワイナリー巡り 番外編2 〜リゾナーレ八ヶ岳〜

みなさんこんにちは。今回も、前回に引き続き「リゾナーレ八ヶ岳」での番外編をお届けしたいと思います。思いがけない天候により、スケジュールに余裕が出来た私は、夕食のレストランに持ち込むためのワイン探しに同行する事に。そして向かったのが・・・

こちらの建物です。

入り口を入って左側には「ブックス&カフェ」と言って、好きな本を読みながらコーヒーなどを楽しめるスペースがあります。

ステーショナリーや雑貨なども置かれていました。そして、入り口を入って右側には・・・

お目当ての「八ヶ岳ワインハウス」がありました!

ここには、山梨や長野の国産ワインが数多く並べられていて、さらにその一角には・・・

なんとワインサーバーが!ここでは、24種類ものワインが気軽に有料テイスティング出来るようになっているのです。

横にはちょっとしたカウンター席もあり、じっくり味わう事も出来そうです。さて、当然私以外のみんなはさっそく試飲を開始(笑)。私は運転があって飲めないので、香りだけ嗅がせてもらいました(ある意味酷ですが(笑))。そんな中、みんなが特に美味しいと言っていたのが・・・

こちらの「ドメーヌ・ミエ・イケノ」さんのピノ・ノワール。都内一流のホテルのソムリエにも支持されている八ヶ岳のワイナリーで、実はここ「リゾナーレ八ヶ岳」の提携ワイナリーでもあるそうです。そのため、ここでは「ドメーヌ・ミエ・イケノ」さんのワインを全種類取り揃えているそうです。

さて、全員一致でこのワインを持ち込む事に決まったのですが、店員さんに聞くとまさかの売り切れ(さすがは人気のワイナリー)。そこで、再度試飲を開始(笑)。そして・・・

こちらの「ミマキ メルロー」に決定!無事にお会計も済んで、外へ出ると・・・ん!?

さっきよりも雪が強くなってる!そしてついに・・・

積もり始めました(笑)。奥に見える木がまるでクリスマスツリーのように見えます(笑)。さすがに、このままだとここから下山出来なくなる恐れがあるので、私はここでお別れをする事に。

駐車場へ向かう途中の風景ですが、これはもう完全に冬の景色です(ロゼタウンはどこへ行った(笑)?)。

案の定、車もすでに雪まみれでした(笑)。

さて、今夜は笛吹市に住んでいる友人(以前ブログにも登場した北海道に住んでいた友人が、今度は笛吹市に移住(笑))の家に泊めてもらう事になったので、電話を掛けてこの状況を伝えると、笛吹市は普通の雨との報告が(笑)。さすがは高原、標高の違いってこんなに気温や天候に影響するんだなあと改めて実感。

先ほどのピノ・ノワールも、冷涼な気候を好む品種なので、このように標高の高い産地が適しているんだな~、ってな事を考えながら、なんとか無事に笛吹市まで下山する事が出来ました。それにしても「リゾナーレ八ヶ岳」、とても素敵な場所でしたが、今度は天候にも気を付けてまたリベンジしないとだな~(笑)。

Remaining : 571 characters / 4 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ワイン、日本酒、音楽、サッカー、アウトドア好きです。お酒にまつわる面白い話を書いています。また、ネットでワインショップ「LIFE WITH SAKE & WINE」をオープンしました。10%オフクーポン「open2021」(お1人様1回有効期限無し)ご用意したのでぜひご覧下さい!

Share

Popular stories

シンポジウムの語源にワインあり?

916

サムライマックに合うお酒は?

464

芸能人格付けチェック、なぜ白ワインと赤ワインを間違えるのか?

444