喫煙者へ告ぐ 電子タバコ[VAPE]のすすめ ざっくり比較編

喫煙者へ告ぐ 電子タバコ[VAPE]のすすめ ざっくり比較編

※たばこは20歳から。

 

現在煙草は大きく分けて三種類ある。

  1. 紙たばこ
  2. 加熱式たばこ[iQOSなど]
  3. 電子たばこ[VAPEなど]

今回は電子たばこVAPEを紹介する。

 

紙たばこ、加熱式たばこ[iQOS]、電子たばこ[VAPE]の比較

 

  • 紙たばこ

におい:臭い。吸うとBBQ後のような臭いが鼻の中にこびり付く。

値段:高い。20本490円前後

健康:悪い(諸説あり)

手間:吸い殻処理

 

  • 加熱式たばこ iQOS

におい:紙たばこよりマシとかiQOSのほうがくさいとか。結局そこそこ臭い。

値段:依然高い。20本470円前後+初期費用

健康:紙タバコより害は少ないと言われている。

手間:吸い殻処理、本体清掃

 

  • 電子たばこ VAPE

臭い:ほぼなし

値段:安い(ランニングコスト)。初期費用はそこそこ高い。

健康:タール0。ニコチンを入れた場合はニコチンの作用。

手間:コイル交換、コットン交換、リキッド充填、海外通販

 

 

まとめ

 

結論

VAPEは手間さえ惜しまなければコスト、健康面で最強!

 

喫煙者へ告ぐ 電子タバコ[VAPE]のすすめ コスパ編

 

こちらもよろしくお願いします
投稿漫画【リンク集】

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

取引所でビットコインを少額買ってLightningウォレットに送金したい。手数料最安はどこ?

2360

Spotlightに現れた謎の人物『saeko』の実態に迫る

477

【LN】どんなノードにチャネルを開けばルーティングされやすいか考える(21/07/30追記)

453