貢献度報酬タスク管理ツール「hideaki.α版」を静かにリリース (その2)

貢献度報酬タスク管理ツール「hideaki.α版」を静かにリリース (その2)

前回は基本的なボード管理やエピック管理などの機能紹介をしました

今回は下記の機能についてご紹介します

・サブタスク追加機能
・タスク依存機能
・日時設定機能
・タスク時間見積もり機能

・サブタスク追加機能

スクリーンショット_2020-11-12_15_48_46

こちらの機能はメインタスクを消化する上で必要な子タスクになります。例えば営業で10社の面談アポイントを取るタスクを設定したとしましょう。10社を取るまでに50社のクライアントリストが必要とするならばそれを作成する子タスク、調査する子タスクが必要になるようなイメージです。

・タスク依存機能

スクリーンショット_2020-11-12_15_55_06

タスク依存機能はAタスクが終わらないとBタスクが開始できないといった関係性を作る機能です。開発する場合にAの機能開発が終わらないとBの機能が開発できないといった事はよくあります。その様な依存関係にある場合に用います。

・日時設定機能

スクリーンショット_2020-11-12_15_59_35

締め切り日を設定できる機能です。

・タスク時間見積もり機能

スクリーンショット_2020-11-12_16_00_54

スクリーンショット_2020-11-12_16_01_09

タスクにかかるおおよその時間を見積もりする機能です。この時間によって貢献度の値や分配報酬額、優先順位が変わります。報酬を受け取る際には開始時間、取組時間、実働時間と可視化する事でボーナス査定評価やプロセス評価にも活用することが可能です。

いかがでしたでしょうか?

まだ一部の機能しか紹介できていませんが、個人が会社に依存せず、自己成長と報酬分配のバランスを上手く取り、貢献する人=成長する人が社会にも貢献している流れを作って行きたいと思います。

少しでも気になった方は是非ご登録お願いします

hideaki.を使ってみる

スクリーンショット 2020-11-03 17.17.54

100