UmbrelでAliasを設定する

UmbrelでAliasを設定する

こちらの記事を見てUmbrelでLNノードを建立して以降、チャネルを開設したりSpotlightに投げ銭したりクマノミに餌をあげたり…と、手探りで色々トライしては楽しんでおります。

ところで色々なアプリを手軽にインストールできるのもUmbrelの魅力のひとつですが、その中に「Ride The Lightning」というアプリがあります。ざっくり言うとLightningノードの管理ツールで、自分のノードやチャネル、ピアの情報を見ることができます。接続しているピアを表示したのがこちら。

Alias列に表示されている名前をGoogleで検索するだけでも小一時間は遊べますが、そういえばUmbrelの設定の中でAliasを決めた覚えはありません。実際、自分のノード情報を見てみると、Public Keyの一部がデフォルト値として設定されているようです。

せっかくRaspberry Piを使ってノードを自作している手前、名前のひとつもつけたくなるのが人情というもの。ざっと調べて出てきたサイトを参考に試してみました。

※注意:Aliasは全世界に公開される情報です。個人情報を含まないように気を付けて下さい。

1. GUIでは設定できないため、UmbrelにSSH接続します。私は開発環境がWindowsなので、TeraTermを使いました。ホストは「umbrel@umbrel.local」、パスワードはダッシュボードにアクセスする時のものと同じです。

2. 下記コマンドを実行してLNDの設定ファイルを編集します。パスワードの入力を求められるので、先ほどと同じものを入力します。

sudo nano umbrel/lnd/lnd.conf

3. [Application Options] セクションのすぐ下に下記パラメータを追加し、保存します。hogehoge が相手に見えるノード名になるので、慎重に決めましょう。

alias=hogehoge

4. Umbrelのダッシュボードにアクセスし、SettingからUmbrelをRestartします。

5. 設定が反映されているはずです。Ride The Lightningで見てみましょう。

設定できました。Chibaって何だ?と検索する姿が見えますね。作戦成功です。

こうして設定したAliasは、しばらくするとメジャーなLNノードアドレスサイトの1MLにも表示されます。ちなみに私のノード情報はこちらです。

名前がついてますます愛着が沸いたUmbrel、これからが楽しみです。

2021/04/23 追記

Umbrelのバージョンを0.3.8から0.3.9にアップデートしたところ、Aliasのパラメータがlnd.confから消えてしまいました。やはり公式としてはAliasの設定を推奨していないのかな、とも感じますね。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

暗号資産エンジョイ勢。UmbrelでBTCノード運用中。

Share

Popular stories

【LN】 ルーティング手数料の概要と戦略

466

【LN】LNDのHTLCを解析するツールを作ってみました

137

UmbrelにSegwit未対応ウォレットから直接入金する

130