LNDgのFailed HTLCsに足りないもの

以前の記事で、ルーティングエラーによる機会損失について解説しました。その中で、ルーティングエラーには大きく分けて2種類あり、自ノードが原因のものと後続ノードが原因のものがあることに触れました。具体的にはLNDの場合、link_fail_eventが自ノードに原因があり、forward_fail_eventが後続ノードに原因があることを示しています。これらのデータはstream-lnd-htlcsというツールを使うことで取得でき、そのデータ解析ツールはMarimoxさんの記事で紹介されています。

LNDgにも似たような機能があり、ダッシュボードの「Failed HTLCs」から確認ができます(詳細は赤かぶとさんの記事を参照)。しかし、このエラー内容は自ノードが原因のものだけしか保存されません。本来は後続ノードのルーティングエラーも取得するべきで、エラーが頻発しているチャネルは閉じたほうがいいかもしれません。そのデータを取得するには、forward_fail_eventを取得する必要がありますが、これはルーティング金額等が含まれていないので、forward_eventから取得する必要があります。そのキーにincoming_channel_id:outgoing_channel_id:incoming_htlc_id:outgoing_htlc_idを使えば良さそうですね。興味のある方はぜひプルリクをだしてみてください!

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ちょビットコイナー

Share

Popular stories

LNノードの運用益はどれぐらい?パート1

1647

LNノードの運用益はどれぐらい?パート3

989

【Muun】ちょっと変わったライトニング搭載ノンカストディアルウォレット

952