仮想通貨の有力VC20社の投資先ランキングを調べてみた

仮想通貨の有力VC20社の投資先ランキングを調べてみた

本記事の概要

・上位20の仮想通貨ベンチャーキャピタル(以下「VC」)の投資先(延べ1050件以上)を調べました。

・集計結果を踏まえ、最も多くのVCに投資されている仮想通貨プロジェクトのランキングを発表します。

1.上位20のVC

・まず、今回の調査対象となるベンチャーキャピタル(VC)は、以下のとおりです。

1位 Digital Currency Group 

2位 Multicoin Capital 

3位 Pantera Capital

4位 Outlier Ventures

5位 Binance Labs

6位 Blockchain Capital

7位 Coinbase Ventures

8位 Winklevoss Capital

9位 Placeholder VC

10位 Fenbushi Capital

11位 NGC Ventures

12位 Hashed 

13位 Castle Island Ventures

14位 Node Capital

15位 Arrington XRP Capital 

16位 DragonFly Capital

17位 Electric Capital 

18位 Consensys Labs 

19位 KR1 

20位 a16z Crypto 

・上記のランキングは、本記事の執筆時点でのnexo・nomics指標を参考にしています(上位20にEthereum Community Fundも入りますが、他と性質が違うため調査対象から除外しています)。

・なお、このランキングは、Reddit, Twitter,Telegram,各種メディアなどのメンション数を元に算出されています。各方面でメンションされている=影響力の高い有力VCと定義していますが、投資収益性の高さを必ずしも意味しません。

2.有力VCに好かれる仮想通貨ベスト5

・上記20のVCの投資先(延べ1058件)を集計し、より多くのVCに投資されている仮想通貨プロジェクトを特定しました。

・それでは、早速、ベスト5を発表していきます!

第4位(同率) Zcash 6件

・早速、意外な銘柄がランクインです。

・2013年開始の古参プロジェクトで、Bitcoinのコードベースを基盤したゼロ知識証明による匿名系コイン。当時としては学術的・先進的で、VCの期待は大きかったと思われます。

・Digital Currency Group、Pantela capital、Winklevoss Capital、Placeholder VC、Fenbushi capital、Fenbushi capital、Electoric capitalが投資しています。

第4位(同率) Ethereum 6件

・The仮想通貨ともいえるEthereumが、同率4位にランクインです。

・Ethereumは、2014年にパブリック・クラウドセールで資金調達をしていますので、厳密には一般的なVCの投資とは異なるかもしれません。(恐らくVCが単にETHをポートフォリオに入れているか、VCのメンバーがETHの初期投資家だったと思われる。)

・outlier ventures、Winklevoss Capital、Placeholder VC、Hashed、Electoric capital、KR1が投資を表明しています。

第2位(同率) NEAR Protocol 7件

・Ethereumのライバルの一つである、比較的新興のスマートコントラクト・プラットフォームです。2020年4月にメインネットをローンチしました。

・つい昨日(2021年4月6日)、Ethereumとのブリッジを行うRainbow Bridgeの実装を発表して話題になりました。 独自トークンはNEARです。

・Multicoin Capital、Pantela capital、Coinbase Ventures、ARRINGTON XRP CAPITAL、Dragonfly capital、Electoric capital、a16zが投資しています。

第2位(同率) DFinity 7件

・amazonやマイクロソフトなどが所有する専用サーバーではなく、分散型プロトコルを利用してインターネットサービスを作れるようにするプロジェクトです。

・2017年~18年にかけて170億程度の資金調達、2018年には大型エアドロップを実施して話題になりました。

・独自トークンはICPですが、現在はMXCなど限られた取引所のIOU取引しかできません。2021年4月中のローンチが見込まれます。

・個人的には、インターネット創設当初の思想(=分散)に近づこうとする壮大なプロジェクトと思います。プロジェクトの開始以来、非常に多くの人員・予算・時間をかけて開発を進めています。コアな仮想通貨ファンにとっては待望のプロジェクトでしょう。

・Multicoin Capital、Blockchain Capital、Fenbushi capital、Hashed、Electoric capital、KR1、a16zが投資しています。

そして栄えある一位は・・・

第1位 Oasis Labs 10件

・上位20のVCのうち、半数の10件からの投資を受け、圧倒的1位に輝きました。

・DeFiにも応用できる、プライバシーとスケーラビリティをもたらすことにフォーカスしたプラットフォームです。仮想通貨には珍しい女性CEOによるプロジェクトで、アカデミック・研究者気質の高いプロジェクトに見えます。

・独自トークンはROSEです。既にBinanceでも取引できますが、時価総額もあまり高くないので、知名度はあまり高くないかもしれません。

・Pantela capital、Binance Lab、Blockchain Capital、Winklevoss Capital、NGC、Hashed、ARRINGTON XRP CAPITAL、Dragonfly capital、Electoric capital、a16zが投資しています。

(参考)以下、惜しくもベスト5を逃した次点のプロジェクトです。上位20のVCのうち、それぞれ5企業が投資しています。

Dune Analytics, MobileCoin, Anchorage, MakerDao, Spacemesh, BlockFi, Polkadot, Nexus Mutual, Skale, Filecoin

以上、皆さんの投資しているプロジェクト/仮想通貨はありましたでしょうか?

有力VCが投資しているからといって、その銘柄が成功するわけではないですが、何らかの参考になれば幸いです。

(おまけ)

・以下は、上記の計算に当たって、上位20のVCの全ての投資先を一覧にまとめ、横に投資企業数(上位20のVCのうち何企業が投資しているか)を参考付記したものです。

・合計1058のセルの羅列であり、手作業で作るのがかなり面倒だったこともあり上とパートを切り分けましたが、無駄に細かすぎる情報ですので、普通の方は購入いただく必要は全くありません笑

Remaining : 268 characters / 0 images
1,000

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Twitter: @crypt_guko

Share

Popular stories

XRPの証券性のガチ検証 前編

8188

2018年バブル崩壊後に勝ち残った通貨の割合とその特徴

5042

Ampleforth(AMPL)の仕組み ~資産増加メカニズム~

4498