謎のワインの正体を暴け!

謎のワインの正体を暴け!

みなさんこんにちは。早速ですがみなさんに問題です。まずはこちらの写真をご覧下さい。

何やら黒っぽい液体がデカンターに入っていますが、さて、この写真に写っているワイン、これは一体どんなワインでしょうか?

と言っても、もちろんこの写真だけでは何もわからないので、ヒントとしてもう一枚写真をお見せしたいと思います。それがこちらです。

よ、よく見えない(笑)。

何やらナウシカやドラクエに出てくるロトの紋章のようなものが描かれています(笑)。このラベルの風化具合から、かなり古いワインと言う事は推察出来ますが、正直これだけではどんなワインなのかわからないので、答えの写真をお見せします(笑)。

こ、答えもよく見えない(笑)。

ご安心下さい、ちゃんとご説明します・・・と言う私も、実はこのワインの素性はさっぱりわからないのです(笑)。

と言うのもこのワイン、ある方から頂いたのですが、どのようなワインなのかは一切説明がありませんでした。ですから、これから一緒に答え合わせをしていきたいと思います。

まず、ラベルを見るとこのワインのヴィンテージがわかるのですが、それはなんと1983年!今から40年近くも前のワインだったのです(ラベルの風化具合にも納得です)。しかし、これ以上は解読不能なので(笑)、続いて裏ラベルも見てみたいと思います。

こちらはまだ文字が読める状態でした(笑)。訳してみると、一番上に書かれている「Somlo」とは、ハンガリーにあるワインの銘醸地の事のようで、11世紀のハンガリーの初代王聖ステファノの時代から良質なワインを造り続けているようです。

つまり、このワインはハンガリーのワインと言う事です。更に、「Ausbruch」と言う等級のワインで、これはドイツで言う所の「Auslese(アウスレーゼ)」クラス、つまり甘口のワインなのです(ドイツではワインの等級が使うブドウの糖度で決まる。アウスレーゼは完熟したブドウもしくは貴腐菌によって糖度が高くなったブドウが使われる)。

更に、これらの情報を基にネットも駆使して情報をかき集めた所、造り手の名前は「Ferdinand Pieroth」と思われます。そして、ブドウ品種は「Muskat Ottonel(マスカット・オットネル)」と言う名前だそうです。

正直初めて聞くブドウ品種ですが、フランスのアルザスやオーストリア、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、クロアチアなど比較的広い範囲で栽培されているようです。非常に香りがアロマティックで、デザートワインにも向く品種だそうです。

そして肝心のお味ですが、調べた通りの甘口でしたが、如何せん40年近くも経っているので熟成が進み過ぎていて、かなり酸化のニュアンス(わかりやすく言うと、紹興酒のような風味です)が強くなっていました(笑)。まあ、40年近く前のワインがこうして飲めるだけでも凄い事なので、それだけでも価値はあったと思えるワインでした。

と言う事で、今回調査した結果わかった事は、この謎のワインの正体は、「ハンガリー」の「Somlo」という銘醸地で「Ferdinand Pieroth」と言う造り手が「Muskat Ottonel」と言うブドウ品種で造った「1983年」産の「甘口」のワインだったのです。

我ながらよくぞここまで調べ上げたなと思いました(正直、日本語検索ではヒットしませんでした)。が、しかし、実はこれだけではこの問題の解答には不十分なのです。みなさんは、このワインの最後の謎にお気付きですか?

実はこのワインは・・・

「白ワイン」

なのです!!

驚きましたか?嘘だと思われるかもしれませんが、先ほど判明した「Muskat Ottonel」は白ブドウ品種なので、何をどうやっても赤ワインを造る事は出来ないのです(見た目は完全に赤ワインですが(笑))。

実は白ワインは長期間の熟成を経ると、色が段々と琥珀色のように茶色に変わっていくのです(逆に赤ワインは濃い色が段々と薄くなっていき、こちらも琥珀色のような茶色に変わっていきます)。このワインは40年近くも経っているので、もう見た目では白ワインと判断できないような色合いになっています(笑)。

今回は、ラストで大どんでん返しが起こるような映画の構成をイメージして書いてみました(ユージュアル・サスぺクツのような。古いかな?)。おわり(最後はジブリ風)。

Remaining : 501 characters / 2 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ワイン、日本酒、音楽、サッカー、アウトドア好きです。お酒にまつわる面白い話を書いています。また、ネットでワインショップ「LIFE WITH SAKE & WINE」をオープンしました。10%オフクーポン「open2021」(お1人様1回有効期限無し)ご用意したのでぜひご覧下さい!

Share

Popular stories

シンポジウムの語源にワインあり?

916

サムライマックに合うお酒は?

465

芸能人格付けチェック、なぜ白ワインと赤ワインを間違えるのか?

445