よい時を選んで初めて大豊作があった

よい時を選んで初めて大豊作があった

よろしければ、身近にビットコインを遊んでいる友達をお勧めして注目してください。サポートありがとうございました

画像1

春の華秋実は、四季が輪廻して、誰も自然に命令を下す者はいない。物は必ず逆であり、竜には後悔があり、誰もわざと自然を均衡させてやっている者はいない。

これらの大道はジェーンで、よく知られていますが、資本市場に置いて、投資ということについて、相違が生じて、投資はいったい時を選ぶのでしょうか?道であれば,昔から変わらず,万物に通じているはずであるが,どうして例外があろうか?買った貨幣は必ず牛熊を横断できると反論されていますが、実は、牛株に周期がないわけではなく、周期が相対的に長いだけです。しかし、ビットコインの上下を見ると、マクロ経済周期を防ぐどころか、市場自体の短期的な変動周期であっても、本当に横断できるものは少ない。したがって、選択する時、特に一般投資家たちに必須的だ。

校長の極端な取引システムの最も核心的な思想の一つは、物極必反と四季の輪廻であり、A株は散戸の割合が極めて高いため、情緒は価格変動の影響を受けやすく、更に上昇時の暴乱、転倒時の下落の極端な情況が出現しやすいため、取引の主要な矛盾を把握し、上昇下落の極端な情況下で行動することを非常に重視し、大多数の凡庸な時間帯を見る。このような思想自体が道に沿って行われる選択である。市場が極端に折り返し、上下極端を結ぶ時間が周期であり、異なるレベルの周期の交互に市場変動の波乱が形成され、チャンスとリスクも生まれている。このような繰り返しは四季の輪廻と変わらず、投資も農耕、春まき秋の収穫のようなもので、真ん中には丁寧な保護と辛抱強さだけが必要である。

投資大通りは選択に重きを置いていますが、いったいどうすればいいのでしょうか?

今期の校長の貨幣圏公開授業は、コイン圏選択時の秘密をご案内します。

画像2

100

記事を書いた人