自宅で沖縄気分を味わう Part2

自宅で沖縄気分を味わう Part2

みなさんこんにちは。前回は、富士山静岡空港から謎の目的地へと旅立つ直前までを書きました。しかし今回は、現実の旅行の話はいったん置いておいて、以前脳内トリップで沖縄に行った話の続きを書きたいと思います(笑)。Part1はこちらからどうぞ。

あの沖縄脳内トリップ以来、さらに沖縄への思いが強くなった私は、さらなる脳内トリップを画策するために定期的にコンビニを調査するようになりました(笑)。するとある時、普段はあまり気にしていなかったアイス売り場で「ブルーシール」のアイスが売られている事に気が付きました。

「ブルーシール」は沖縄のアイスブランドで、定番のバニラなどはもちろん、シークヮーサーや塩ちんすこうなど独自の沖縄フレーバーもあり、昔沖縄に行った時に食べてハマった事をすぐに思い出しました(パッケージのロゴもカラフルで可愛いんです)。

さっそく手に取ってみると、それは「紅イモ&黒糖」味で、どうやらローソンでのみ数量限定で販売されているようでした。これはまさしく沖縄気分を味わえる商品だと思った私は、すぐに買おうと思ったのですが、出来れば家でじっくりと楽しみたいと思い直し、後日保冷バッグを持って買いに来ようと考えました。

ところが、それからほんの数日後、同じローソンに行ってみると、なんとあるはずのブルーシールアイスがどこにもないではありませんか(笑)!まさか、私以外にも沖縄脳内トリップを画策している人が沢山いたとは(笑)。そこで、すぐに近隣のローソンを何軒か回ってみたのですが、まさかのどこにも置いてない(笑)。

あの時買っておけば・・・、と後悔しつつも、ここまで来るともう意地になっていた私は、市内のローソンを全て回る覚悟でローソン行脚の旅に(笑)。すると、10軒目ぐらいのローソンでついに発見!!ようやく手に入れたのがこちらです!

カラフルなロゴデザインに青い空と海、そして鮮やかなハイビスカスの赤が沖縄気分を一気に高めてくれます!そこで、さっそくこのアイスを使って沖縄への脳内トリップ第二弾を慣行(笑)。中身はと言うと・・・

周りがチョコレートでコーティングされています。その断面は・・・

こんな感じで左半分が紅イモ、右半分が黒糖と分かれていました。一つのアイスで二つの沖縄の味が楽しめるなんて夢のようです(笑)。そして、今回はこのブルーシールアイスに・・・

泡盛のロックを合わせてみました(笑)。アイスに泡盛?と思われるかもしれませんが・・・おっしゃる通りです(笑)。ただ、私は沖縄で作られた黒糖をガジガジかじりながら泡盛を飲むのが好きなので、同じ黒糖風味のアイスや紅イモのアイスも意外と合うのではないかと考えたのです。

そこで、まずはアイスを一口。すると、紅イモの風味がしっかりと感じられる味わいでめちゃくちゃ美味しい!そして、すかさず泡盛を口に運ぶと・・・!?想像通り良く合うではありませんか!さらに、黒糖の部分も特有の香ばしい風味が感じられて泡盛と良く合いました。

まるで、沖縄出身の三人(泡盛、紅イモ、黒糖)が、久しぶりに異国の地で同郷の者達と出会って意気投合し、すぐに三線の演奏と島唄が始まったかのようなペアリングでした(笑)。さらには、こんなアレンジもしてみました。

紅イモと黒糖アイスの泡盛かけ

おしゃれな大人のデザートって感じで、これも美味しかったです(やってる事は同じなのですが(笑))。と言う事で、今回も見事に沖縄へと脳内トリップをする事が出来ました。写真には写っていませんが、今回もちゃんとシーサー達は見守っていましたよ(笑)。

さて、このローソン限定のブルーシールアイスですが、実は私・・・

2個買っていました(笑)。数量限定にめっぽう弱い私ですが(笑)、最後の1個はここぞと言う時に食べたいと思います。そして、来年こそはリアルに沖縄行きたいなあ~。

Remaining : 318 characters / 8 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ワイン、日本酒、音楽、サッカー、アウトドア好きです。お酒にまつわる面白い話を書いています。また、ネットでワインショップ「LIFE WITH SAKE & WINE」をオープンしました。10%オフクーポン「open2021」(お1人様1回有効期限無し)ご用意したのでぜひご覧下さい!

Share

Popular stories

シンポジウムの語源にワインあり?

919

サムライマックに合うお酒は?

527

芸能人格付けチェック、なぜ白ワインと赤ワインを間違えるのか?

481