「凡そ学的研究の方法として、実地の調査の忽諸に附すべからざるはいふを俟たぬ」

「凡そ学的研究の方法として、実地の調査の忽諸に附すべからざるはいふを俟たぬ」

凡そ学的研究の方法として、実地の調査の忽諸に附すべからざるはいふを俟たぬ。今神社の方面に就いて考へても、文献に並び之を尊重しなければならないのは、論のないところであろう。

(出典: 宮地直一(序文) 「序」, 井上頼寿(著者), (1988年), 『京都古習志』, 臨川書店.)

京都古習志|書誌詳細|国立国会図書館オンライン
https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/detail/R300000001-I000001944013-00

 

京都古習志 | 頼寿, 井上 |本 | 通販 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/465301759X/

商品の説明

出版社からのコメント

京都府下、山城の村々における神社祭祀を、昭和初期、十数年にわたる綿密な聞きとり調査によって、克明に記述した民族志の名著。祭祀組織「宮座」、そしてそこから派生した信仰組織、いわゆる「講」(伊勢講・祇園講・天神講・春日講など多数)を極めて丹念に記述する貴重な民俗資料。

この続き : 0字 / 画像 0枚
100

会員登録 / ログインして続きを読む

関連記事

記事を書いた人

たくさんの人が、目を輝かせて生きている社会は、きっと、いい社会なのだろうとおもいます。 https://wisdommingle.com/memorandum-of-intent/

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

奈良の大仏(東大寺の盧舎那仏像)を造立するために聖武天皇が出した命令書「造立盧舎那仏詔」について

51

仮想都市Decentralandをめぐる、わくわくドキドキな、メタバース探検ツアー☆

37

比叡山延暦寺の鬼追い式:伝統芸能づくしの新春オニオニパニック弾丸ツアー(12月31日篇 その1)

33