マイノリティとして生きる決意

マイノリティとして生きる決意

幼少期からよく

「変わってるね」

って言われてきた。

何が変わってるのか

人と違うことがそんなにいけないことなのか

そんな疑問が常にあった。

学生時代は自分の力では

何も出来ないことを悟ってしまい

親の思うように生きてきたけど

20歳を機に自分の人生は自分のものだと

今までいた環境から飛び出した

辛いことのが多かったかもしれないけれど

その経験が私をとてつもなく大きくしてくれた。

今は多様性の時代だと言われているけれど

セクシャルマイノリティのある私は

まだまだ生きにくいと感じる

マジョリティの中に必死に溶け込んでる人が

きっとたくさんいるんだろうな。

私は私!

そう言える人はまだまだ少数だけど

私も胸を張って言えるように

もっともっと大きくなりたい。

sui

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

人に寄り添うことを仕事にしています。

Share

Popular stories

子どもの人生は子どものもの

58

自己決定を繰り返すと自己肯定感は上がるのか

32

どんな子でも輝ける場所がある

24