Bitcoinに任意データを書き込むOrdinals

Bitcoin上に任意データを書き込む方法にはOP_RETURNを使う方法がありますが、これは80バイトの制限があります。この制限を突破しブロックサイズまでデータを書き込む方法が提案されました。

その方法は、インプットであるWitness領域を使います。Taprootが導入される前もこのWitnessを使うことで任意のデータを埋め込むことはできましたが、10,000バイトの制限がありました。しかし、Taprootの導入でこの制限が適用されないことになり、実質ブロックサイズの4MBまで任意データを書き込むことが可能になりました。

Ordinalsの場合、以下のルールに沿ってデータを書き込み、読み取ることになります。

Bitcoinのブロックチェーン上に任意データが書き込まれることの良し悪しはあると思いますが、「予想していない使われ方」ができたしまったのが今回の面白いポイントだと思います。

おまけを有料部分に追記(2023/01/30)

Remaining : 443 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ちょビットコイナー nostr id: npub1l83ycz54gng3nd8suvww43fardjsca37x7z5rcwlmeqzudg027fqe9hwaa

Share

Popular stories

LNノードの運用益はどれぐらい?パート1

1820

【Muun】ちょっと変わったライトニング搭載ノンカストディアルウォレット

1707

LNノードの運用益はどれぐらい?パート3

1092