欲求段階説について

欲求段階説について

マズローによると、人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が満たされると、より高次の階層の欲求を欲すると言いました。

pastedGraphic.png

第一階層:生理的欲求生きていくための基本的・本能的な欲求(食べたい、飲みたい、寝たいなど)。この欲求がある程度満たされると次の階層「安全欲求」を求めるようになります。

 

第二階層:安全欲求危機を回避したい、安全・安心な暮らしがしたい(雨風をしのぐ家・健康など)という欲求が含まれます。

 

第三階層:社会的欲求(帰属欲求)集団に属したり、仲間が欲しくなる欲求。

 

ここまでの欲求は、外的に満たされたいという思いから出てくる欲求(低次の欲求)で、これ以降は内的な心を満たしたいという欲求(高次の欲求)に変わります。

 

第四階層:尊厳欲求(承認欲求)他者から認められたい、尊敬されたい欲求です。

 

第五階層:自己実現欲求自分の能力を引き出し創造的活動がしたい欲求です。

 

最後に・・・

またマズローは晩年、5段階の欲求階層の上に、それは「自己超越」という段階があることを唱えました。

それは「目的の遂行・達成『だけ』を純粋に求める」という領域で、見返りも求めずエゴもなく、自我を忘れてただ目的のみに没頭し、何かの課題や使命、職業や大切な仕事に貢献している状態だといいます。暗号資産で億り人になって、この段階になりたいですね!!

Remaining : 0 characters / 0 images
120

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

暗号資産NEMのアプローチ方法

86

Mpurseを用いてモナカードの発行から配布まで

63

抑えて欲しいDeFi用語について

58