TeamFight Tactics パッチ10.14

TeamFight Tactics パッチ10.14

100

エアプによるパッチ10.14解説。
前回の記事リンク

●ティアリスト(主観&予想)
S ダクスタ シュレッダー
A スタガプロテクター アストロスナ ケイトリン
B ジンクス ソサ バトキャス ブレマス
C サイバネ ヴァンミス 流れ者

●初手アイテム(主観&予想)
グローブ>ベルト>涙>弓・・・
①グローブ
トップティアのジンザヤケイトで使われるLWIEが目的。他にも優秀なアイテムが多いがLWが作れないと序盤が弱い。
盗賊は序盤強いがADC編成に行けなくなる諸刃の剣。
②ベルト
派生がほぼ全部強いがLWIEには絡まない。
③涙
青バフ。作れるとシンドラティーモへ向かえる。
④弓
LW。RFCでフィオライーも使える。コグ贔屓の初手。

●XP購入
ハイパーロール編成の可能性が潰えるまでは押さない・・・!
2-1時点でハイパーロールチャンプを使わない盤面が強かったり競合が2人以上いるなら押す。

●ニーコが助ける!
への理解を助ける。
チャンピオンと見なして考える。
①売れないチャンピオン
チャンピオンは必要無いなら売って金にして利子を得られるがこいつはできない。使って初めてチャンピオンとなりそのチャンプ1体を入手するために必要なゴールド分の価値を生む(正確にはリロールしたらその他のチャンピオンも手に入るのでそれよりは若干低い価値)。アイテム欄にニーコがある状況は、控えに高コストチャンプを持ち腐って利子を失っている状況にほぼ等しい。渋らずさっさと使うべし。
②すべてのチャンピオン
何でも1体拾うだけで対子。ニーコがある時は高コストのチャンピオンや星2にしたら強いチャンピオンは見つけ次第拾っておきたい。
使わなければ持ち腐れだが対象が高コストである程価値が高くなるので余裕がある時は急いで使う必要はない。
③1体のチャンピオン
使ってしまえば所詮は1体のチャンピオン。使用対象を特別視せずその星2チャンプが必要無くなれば売ってしまって良い。
仕様変更でプールから引き抜きではなくコピー生成となったので星3が作りやすくなったがtop4争いをしてる間は気にし過ぎない方が良い。

使用する目的も考える。
①スノーボール
ステージ2からインチキ星2を作って連勝コースを狙う。バードジェイスダリウスなどの金策チャンプ、適切なアイテムを持った2-3コスに使う。
②ヘルスや利子の確保
高コストやキャリーチャンプの対子を控えに置いておくと重なるまでヘルスやゴールドを大きく失いがちなのでそれを防ぐために使う。
③星3
一部の編成で狙う。星3キャリーの編成をすると決めたらその星2の1体目を作る時にさっさと使う事。
後のリロールして手に入る可能性や他のチャンピオンに使う可能性を考える必要はない。
星3を作ってしまえばショップからそのチャンピオンは出なくなりリロールの価値が若干上がるのでニーコ消費もワース。

100

記事を書いた人