ヘッダー画像

好きなコインを投票してみよう!

なまえ

好きなコインの投票をしてみましょう!以下のリンクから投票してね

https://kriptode.com/lightpoll/index.html?pollId=dcab3bfa-e454-41b4-82d3-d9d073de1b13

ライトニングネットワークを活用した極小ペイメントによる投票サービスを使ってみようと思い、独断と偏見でコインリストを作りました。投票には1satoshiのコストがかかりますが。

投票方法

1.好きなコインを選択し、VOTEボタンをタップします。

2.Spotlightユーザーの場合は、「Copy」ボタンをタップしてインボイスをコピーし、マイページ - ポイントの出金ボックスへ貼り付けて送金します。

自分のLNウォレットを持っている方は自身のウォレットからペイしてください。

投票結果は、後日、別記事としてアップします!

文字 0字

100

会員登録 / ログインして続きを読む

コメント(5件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

なまえ

こんなのもあるんですね!
投票に1sat要るのが、不正投票を防ぐポイントでしょうか?
でも、1satずつ送れば何度でも投票できちゃいました。
選択肢にALISも混ぜていただいてありがとうですー

関連記事

名前
サムネイル

🐇21のレッスン - ビットコイン・ラビットホールに落ちて学んだコト🕳️Lesson 4

🐇Lesson 4🕳️同一性の問題 “あなたはだれ?” 毛虫がたずねた。引用元:不思議の国のアリス ニック・カーターが、トマス・ネーゲルがコウモリに関しての同じ問い(※翻訳者注1)を考察した論文へのオマージュとして、下記の問題を議論するのに素晴らしい作品を執筆した。ビットコインであるとはどのようなことか? 彼は一般的なオープンでパブリックなブロックチェーン、とりわけビットコインがテセウスの船(※翻訳者注2)と同じ難問に苦しんでいるのを華麗に示している。どのビットコインが本当のビットコインなのか? “ビットコインの構成要素が持つ永続性が、いかに少ないものかを考えてみよう。コードベース全体は書き直され、変更され、元のバージョンとはほぼ似ていない程に拡張されている。 […] 誰が何を所有しているかのレジストリ、台帳そのものが事実上、唯一のネットワークの永続的な特性である。 […] 真にリーダーがいないと見なされるためには、一つのチェーンが正当なものであると明確に指定するような構成要素を持つ、といった簡単な解決策を放棄しなければならない。”ニック・カーター テクノロジーの進歩により、こうした哲学的な問いを真剣に受け止めざるを得なくなっているようだ。遅かれ早かれ、自動運転車は現実世界バージョンのトロッコ問題(※翻訳者注3)に直面し、誰の命が重要で誰のがそうではないかの倫理的決定を強いられる事になる。 暗号通貨は、最初の論争を呼んだハード・フォーク以降、本質的に同一性の形而上学について考え、同意する事を余儀なくされている。興味深い事に、我々がこれまでに得た2つの大きな事例は、2つの異なる答えに繋がった。2017年8月1日、ビットコインは2つの陣営へと別れた。マーケットは、変更されていない

名前
サムネイル

⚡⚡Bitfinexのライトニングネットワーク入金⇔出金を早速やってみた!⚡⚡

先日発表になったBitfinexのライトニングネットワーク対応。 @ogw_yuyaさんがすでにトライしてTweetしてらっしゃいましたが、新しいものはすぐに飛びついて試さずにはおられないKatakotoさんも早速試してきました! まずはBitfinexにアカウントを開く所からです!(持ってなかったんかい) サインアップ自体は数分で終わるので、その後「Deposit」から「Lightning Network BTC」を探しました。   1000USD相当より低い額の入金には、0.000001 LNX(BTCと等価)の少額デポジット費用がかかります。 金額を入力後、ウォレットを選択。[Generate Invoice]ボタンを押してLightning Network BTC用のインボイスを作成してください。デポジットは対応するウォレットに入金されます。   注意点としては、単位はsatoshiではなくBTCになります。 [Generate Invoice]を押すとすぐにQRコードが表示されます。

名前

ビットコイン(ウォレット)のマスアダプションのためにはカストディ必須だと思うようになりました。

こんにちは。タカユキです。 トレードクラスタから見たら仮想通貨界隈はすっかり過疎ですが、技術面の方も水準がもはや素人にギリギリ理解できる範疇を越えつつあるようで、取り残されたようでなんだかさみしいです。 そういえば仮想通貨のマスアダプション、みたいな話題もあまり目にしなくなりましたね。 数年前、どうやったら一般の人でも使いやすいようなウォレットがつくれるか、みたいな議論をしていたのが懐かしいです。 利便性とセキュリティのジレンマ、とでもいうのか、便利で使いやすいとGOXや盗難に逢いやすいし、かといってガチガチのセキュリティにしたら使いにくいことこの上ない。 例えば私は60歳を過ぎた両親にビットコインのウォレットをつくらせてみたのですが、復元フレーズの説明をしたところ出てきた感想は「危なそう」「なくしたら怖い」といいながら面倒そうにフレーズをメモしていました。 ウォレットの作成が完了した後で送金してみても「届いたのかどうか実感がわかない」というものでした。 これだと年よりにまで使えるようになるのはまだまだ遠いなあ、と思う次第。   仮想通貨がマニアだけのものになるにつれ、あまりこういう話題を目にすることはなくなりましたが、この点が解決するときは来るのでしょうかね。 私の感想では、特にナマのクリプトを一般人が気軽に触れる必要はないのかなと思い始めました。覚悟のある人だけいじれればいいかなと。 将来は、基本的にはカストディにした上で、資産の移動は、オフチェーンで普通の電子マネーと同じように個々の会社のシステム行われるのかなあ、と思っています。UIから見たらこれまでの電子マネーと違いはありませんが、ビットコインという現物がバックグラウンドにあるのが違いなわけですよ。 実物のビットコインをウォレット等を通して触るのはマニアと技術者と会社だけになっていくような気もします。 少し寂しいですが、資産クラスの一つとして確立するということでもあるので、悪いことばかりでもないでしょう。