ヘッダー画像

クリスマスマーケット、はじまりはじまり。

なまえ

今週月曜からクリスマスマーケットが始まっているので、初日からほぼ毎日通っている。

何を売っているかというと、お決まりのアルコール類に加えて、甘すぎるチョコレート菓子、バンズから巨大なソーセージが飛び出している繊細さのかけらもないバーガーなどで、一口食べれば将来の高血圧糖尿病、暗い病室、最悪の血液検査の結果などが鮮やかに瞼の裏に浮かんでくる。こういうものを昼間からわいわい喰らいながらクリスマスまでの1か月を過ごすという、1年で1番幸福な季節である。

フラットをシェアしているドイツ人も友人とクリスマス計画会議を数時間にわたってしており、いい大人がまじめに「ポテトサラダ大量に作ろうぜ!」と盛り上がっているのである。1年で1番幸福な季節である。

文字 729字

100

コメント(6件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

なまえ

Yuya さん

いたるところでホットワイン売ってますねー。文章中に挿入してある画像の左に写ってるのがホットワインのカップです。なぜか酒豪と思われやすいのですが、実は私はラム酒の入ったケーキで酔うくらいお酒がダメです。

昼間からホットワインやビールを飲んでる人が多いですが、みんなお酒に強いのか、酔って路上で寝ている人や他人に絡んでいるような人を見かけません。

なまえ

Motokan さん

普段はケチなドイツ人ですが、クリスマスデコレーションなどにはお金を惜しまず投資してますね。大学の友達とプレゼント交換をしますが、「予算は5ユーロ以内で、食べ物や消耗品じゃなくて、思い出として残るもの」という条件だったり、パーティーも各自手作りしたものを持ち寄ったりと、華美になりすぎずいい感じです。日本の忘年会・新年会の方が出費は痛かったかもです。

体に悪そうなものを、たまに大量に食べたい気持ち、なんかよくわかります。私も「血液がドロドロになるなー。」と思いつつフライドポテトを大量に食べることがあります。

なまえ

坂本 不惑 さん

詳しくは知らないのですが、クランプスという鞭を持った妖怪がクリスマス前に来るらしいですね。なまはげみたいな感じでしょうか。南ドイツやオーストリアでの言い伝えらしいですが、私が住んでいる地域でもなにか関連行事があればまたレポートします。

面白いです。
ドイツのサンタクロースが、鞭を持っているというのは本当ですか?

なまえ

出費が多いのは痛いですね。でもそのクリスマス雰囲気、味わってみたいです。医者に糖尿病予備軍と注意されたんですが、ビールがぶ飲みしつつ、そのデッカいソーセージにかぶりついてみたいです。たまにそういう自暴自棄的な食べ方モードになります。

なまえ

ドイツのクリスマスマーケット楽しそうですね。ホットワイン飲みながら勉強するとはかどるらしいですよー