Umbrel を WiFi に接続する方法

Umbrel を WiFi に接続する方法

Umbrel を WiFi に接続する方法として、Umbrel OS のイメージを焼いた SD カードに wpa_supplicant.conf ファイルを作成する方法がありますが、本記事では別の手段をご紹介します。

有線 LAN で Bitcoin ブロックチェーンの同期が完了してから WiFi で運用したい、後で接続する WiFi のアクセスポイントを変更したい、といった方には有用な方法かと思います。

なお、本記事では、利用するコンピュータは Mac または Linux であることを想定していますが、 SSH 接続の方法が分かれば利用するシステムに関係なく WiFi の設定を行うことができます。なお、SSH 接続の方法については本記事では解説しません。

1. Umbrel に SSH 接続する

Umbrel はデフォルトで SSH 接続ができるようになっています。Umbrel への SSH 接続に必要な情報は以下の通りです。

  • ユーザ名: umbrel
  • ホスト名: umbrel.local
  • パスワード: Umbrel 初期設定時に設定したパスワード

Mac では Terminal.app から以下のようにコマンドを実行してSSH 接続することが可能です。

ssh umbrel@umbrel.local

2. WiFi の設定を行う

Umbrel OS は Raspberry Pi 用の OS である Raspberry Pi OS  をベースにして作られているため、 Raspberry Pi 用に用意された設定コマンドをそのまま使うことができます。

今回は Raspberry Pi のシステム設定を行う下記のコマンドを実行します。

sudo raspi-config

上記コマンドを実行すると、SSH ログイン時と同様にパスワードが求められるため、Umbrel の初期設定時に設定したパスワードを入力します。

次のような画面が現れるので、キーボードのカーソルキーを利用して項目間を移動し、 Enter キーで選択します。

まずは、1 System Options を選択します。すると、次の画面が表示されます。

上の画面では、 S1 Wireless LAN を選択します。

上の画像のように、国を選択する画面が表示されるため、日本国内で Umbrel を動かしているのであれば JP を選択します。

上の画面では特に選択する項目がないため、 Enter キーを押下します。

上の画面では、 WiFi の SSID を入力し、 Enter キーを押下します。

上の画面では、WiFi のパスワードを入力し、 Enter キーを押下します。

以上で WiFi のアクセス設定は完了です。

設定後、上の画面が表示されるかと思いますが、カーソルキーの右を押下し、 <Finish> を選択してください。

この際、再起動するかどうかを聞かれることがありますが、再起動する必要はありません。

3. WiFi 接続の確認

正常に WiFi に接続されていれば、有線 LAN を外してもブラウザから Umbrel にアクセスすることができるはずです。

コマンドラインの扱いに慣れている方は、 ifconfig コマンドで wlan0 に IP が割り当てられているか確認すると良いと思います。

4. Umbrel のシャットダウンと移動

有線 LAN に接続する必要が無くなった Umbrel を別の場所に移動したいということがあるかと思います。

その場合、http://umbrel.local からアクセスできる Umbrel の管理画面左下の Settings を選択後、 SHUTDOWN ボタンを押下し、 Umbrel をシャットダウンしてから電源を切り、新たな設置場所に移動すると良いでしょう。

正常に WiFi の設定ができていれば、電源の再投入後に自動で WiFi に接続されます。

5. 接続する WiFi の変更

接続する WiFi アクセスポイントを変更したい場合は、本記事の 1 と 2 のステップを再度行うことで、 接続先を変更することが可能です。

おしまい🐥

Remaining : 0 characters / 0 images
420

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

私の Umbrel 用部品リスト

37

外出先から Umbrel の管理画面にアクセスする方法

31