「今年の漢字」は、ズバリこれでどうでしょう?

「今年の漢字」は、ズバリこれでどうでしょう?

みなさんこんにちは、サカモトです。

月日が過ぎるのは早いもので、今年ももう11月ですね。

ハロウィンが終わったと思ったら、ショッピングモールにはもうクリスマスツリーが飾ってある。いくらなんでも気が早いのでは?・・・と思いつつ、でもまあ、年末なんてきっとあっという間なのでしょう。

 

さて、年末といえば、「今年の漢字」が発表されますね。

流行語大賞なんてのもありますが、「今年の漢字」もまた、世相を振り返るという年末の楽しみの一つです。

 

今年の漢字はなんだろう?

と、私なりに想像してみました。

アイキャッチ画像には、「災」の字を挙げましたが、すみません、これは私の案とは違います。

ちょっと紛らわしかったですね(^_^;)

 

 

この画像は、2年前の2018年(平成30年)のものなのですが、このとき選ばれたのが「災」の字でした。

ウィキペディアによると、2004年(平成16年)の字も「災」だったので、過去二回、選ばれているそうです。

しかし東日本大震災のあった2011年(平成23年)には選ばれていないので、未曾有の災害が発生した時は、選ばれないってことでしょうね。

(ちなみに、阪神・淡路大震災のあった1995年の字は「震」でした。)

 

 

過去の「今年の漢字」で、もっとも多く登場したのは「金」で、三回選ばれています。

2000年、2012年、2016年です。

オリンピックイヤーですね。

今年も、もし東京五輪が延期にならなければ、「金」が重要候補だった可能性はありますね。

 

 

さて、2020年の「今年の漢字」は何になるでしょうか?

 

私の提案は、この字です!!

「流」

 

 

新型コロナウイルス感染症の「行」。

ドコモ口座や郵貯銀行からの個人情報やお金の「出」。

東京五輪も「流れた」。

 

 

「東京五輪は流れてないだろ!延期だろ!」と怒られそうですが・・・。

 

 

あなたの予想はどうですか? 

「今年の漢字」の応募は、公式サイトからできます。 

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

100