ビットコイン発掘

ビットコイン発掘

ビットコインを手に入れるには、取引所などから購入する以外に、自分で発掘することもできます。これは、ゴールドを鉱山で発掘するのに似ています。 発掘することを英語でマイニングといい、発掘者のことをマイナーと呼びます。表紙の写真が実際のマイニング専用機です。

2017年冬ごろはビットコイン価格が高騰していることもあり、ライトコインの発掘をすることを決めました。ライトコインについては別の記事として投稿したいと思いますが、ビットコインが金だと例えると、ライトコインは銀と似ています。仮想通貨を発掘するには専用機が必要で、今回はAntminerL3+という機械を中国のBitmainから購入しました。専用機の価格は変動的で、発掘難易度や仮想通貨の価格により安くなったりします(ということが分かりました)。以下の表は専用機の価格が70%安くなった時点の各時点の専用機の返済期間を表しています。16万が5万で購入できるようになりました。これは発掘難易度が上がり(発掘枚数が2枚/月から1枚/月)、ライトコインの価格が下がったため、専用機の価格が下がりました。これは2018-01-01時点の価格と比較すると適正といえます。

Remaining : 364 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ちょビットコイナー

Share

Popular stories

LNノードの運用益はどれぐらい?パート1

1199

LNノードの運用益はどれぐらい?パート3

689

猫でも分かるLightning Network解説!

596