サトシナカモトは誰か?(Who's Satoshi Nakamoto?)

Craigというビットコインの初期段階から開発に貢献していたエンジニアがいた。ある日、Craigが自分がサトシナカモトだと名乗りでて世間を騒がした。そこで、世間はCraigにSatoshiだという証明を要求した。 そこで、CraigはSatoshiのキー(12cbQLTFMXRnSzktFkuoG3eHoMeFtpTu3Sに対応するもの)を使って、メッセージ署名をすることで、そのアドレスの所有権を証明しようとした。その証明方法は上記リンクより確認が可能で、実際に証明された。 しかし、実際はCraigはSatoshiが署名したデータを持っていただけで、そのアドレスのプライベートキーを持っているという証明にはならない。 では彼はどうやってSatoshiの署名データを得たのか?これは、Satoshiが署名した取引データを使いちょっと操作すれば簡単に作ることがで、これをリプレイ攻撃と呼ぶ。 また、ハッシュ化されたSartreテキストの値がSatoshiの署名と等しいことは、これは単なる原像攻撃(Preimage attack)にすぎない。 最後に、Craigは自サイトを「I’m sorry」で綴り閉鎖してしまった。 Craigを弁護するわけではないが、上記から彼が「Satoshiではない」という証明にもなってはいないと思う。自サイトを閉鎖する直前に、Satoshiのアドレスから数ビットコインを送金するという検証を取ろうとしたが、彼は結局できずに表舞台から消えていってしまった。

この続き : 0字 / 画像 0枚
100

会員登録 / ログインして続きを読む

関連記事

記事を書いた人

夢は世界中に影響を与え社会貢献すること。感謝、親孝行。

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

LNノードの運用益はどれぐらい?

430

猫でも分かるLightning Network解説!

351

SpotlightのLN決済動向を初公開!

315