BDK を wasm 向けにビルドする

↓↓↓本稿は BDK のバージョンアップで過去のものとなった。歴史的資料(?)として残しておく↓↓↓

Counterwallet のような web ブラウザウォレットを Rust で書きたい稀有な人向けの、小ネタ。

答えを先に示す。

# Cargo.toml

[dependencies]
bdk = { version = "0.27.1", default-features = false, features = ["async-interface", "key-value-db", "all-keys"] }

蛇足ながら、自分への忘備録として、雑な解説を付けておく。

default feature に "electrum" という feature が含まれている。バックエンドに Electrum server が存在することを仮定しており、Electrum とは UDP/IP で通信する。その箇所でビルドが通らない。よって default-features = false が必要。

async-interface は、bitcoin crate のコードに #[maybe_async] が存在し、async-trait 関連のビルドエラーが引き起こされるため必要。

key-value-db は不要かもしれないが、ビルドは通るため追加しておいた。

all-keys で bip39 関連の操作が可能となる。mnemonic から xkey や xpub を取得する際に便利。

他の feature も追加可能かもしれないが、上記設定でもウォレットを作る際の最小限度は満たされるかなと。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

偽物です。

Share

Popular stories

RGB protocol での転送(transfer)

97

RGB プロトコルにおける "schema"

85

Spotlight 参戦

50