【カルダノADA】インセンティブテストネットのステーキング報酬の復元方法

【カルダノADA】インセンティブテストネットのステーキング報酬の復元方法

2020年8月8日にダイダロスウォレットのver2.1.0がリリースされました。今回のバージョンアップにより先行的に稼働していたインセンティブテストネットでのステーキング報酬の復元が可能となりました。

shelleyダイダロスウォレットでのインセンティブテストネット(ITN)のステーキング報酬の復元の仕方についてまとめます。

①ダイダロスをダウンロードする

以下オフィシャルサイトからダイダロスをダウンロードします。

https://daedaluswallet.io/

なお今までのダイダロスをお持ちの場合、ダイダロスを立ち上げると以下のような最新版リリースの通知が表示されます。

「Daedaluswallet.ioでDaedalusをダウンロードする」を選択すれば確実にオフィシャルサイトに遷移しますのでそちらからダウンロードしてください。

ダウンロードする端末OSに合わせて緑色のボタン「ダイダロスのダウンロード」を選択します。macOS、Linux、Windowsに対応しています。

サポート対象のプラットフォーム

Windows 8.1、Windows 10(64ビットWindowsのみサポート)
MacOS 10.13, MacOS 10.14, MacOS 10.15
Linux - テスト対象:Ubuntu 18.04 LTSUbuntu 20.04 LTS
Fedora 28

推奨する最低ハードウェア要件

64ビットデュアルコアプロセッサ
4GBのRAM
10GBの空きディスク容量
ブロードバンドインターネット接続

インストールする

ダウンロードが完了するとインストーラーが立ち上がります。

以下はMacの場合の画面ですが、他OSもインストール画面は違えど工程は基本的には同じです。なおインストールの際はダイダロスのウォレットを一度閉じて行います。(ダイダロスを閉じずにインストールするとwindowの場合エラーが発生することがあります。)

インストール先とインストールの種類を選択し、以下画面が表示されればインストール完了です。

インストールしたダイダロスを起動させる。

起動上部の表記が「Daedalus Mainnet(2.1.0)」とメインネットの最新版になっていることを確認します。(今後バージョンアップされれば数字は上がっていきます。)

同期には時間がかかります。インターネット環境が良い状態で気長に待ちましょう。

報酬を復元する先のshelleyウォレットを用意する。

同期完了後、インセンティブテストネット報酬を還元する先のshelleyウォレットを用意します。

shelley対応済みウォレットを作成していない人は新規にshelley対応済みウォレットを作成します。すでにshelley対応済みウォレットを作成している場合はそのウォレットにインセンティブテストネット報酬を還元することができます。

トランザクション手数料をshelleyウォレットに用意する。

還元する際にトランザクション手数料が発生します。還元する先のshelley対応済みウォレットにはトランザクション手数料として数ADAを送金しておきます。

 

ITN報酬を還元する

トップ画面の「ITN」マークを選択します。

インセンティブテストネットのウォレットの復元フレーズを入力します。

作成した報酬の還元先のウォレットを選択します。

復元フレーズを入力し、ウォレット送信時パスワードを入力します。送信時パスワードは作成した報酬還元先のウォレットの送信時パスワードです。

還元にはトランザクション手数料が発生します。トランザクション手数料は報酬還元先のウォレットから引かれます。

以下の画面が表示されればインセンティブテストネットの報酬の還元は完了です。

長期間にわたるインセンティブテストネットでのステーキングお疲れ様でした!

100