【和訳】BOLT 12 is a sleeping giant. - LN.capital

【和訳】BOLT 12 is a sleeping giant. - LN.capital

BOLT12は眠れる巨人だ。
しかし、99%のビットコイナーはまだそれを理解していない。

DeepL直訳

BOLT12は眠れる巨人だ。

しかし、99%のビットコイナーはまだそれを理解していない。

このスレッドでは、できるだけ簡単に分解して説明します。

まず、BOLTとは何でしょうか?

BOLTとは、Basis of Lightning Technologyの略です。

BIPと同じようなドラフト仕様の一種です。

BOLT 12は@blockstreamのc-lightningで@rusty_russelが開発している。

最終的には、eclair @acinq か lnd @lightningのどちらかが実装しないと「有効」とみなされない。

では、BOLT 12はどのような問題を解決するのでしょうか?

この問いに答えるために、Lightningの現在の請求書発行プロトコルであるBOLT 11について見てみましょう。

BOLT 11 請求書には3つの主要な構成要素があります。

1. 宛先(ノードパブキー)2. 金額(sats建て)3. 支払い時の秘密(ハッシュ)

では、BOLT11の限界は何でしょうか?

1. BOLT11のインボイスは、1回しか使えません。請求書を作成した時点で、支払秘密が流出する可能性があります。同じシークレットで新しいインボイスを作成すると、シークレットを発見され、自分のものではない資金を請求される可能性があります。

2. 2. 請求書は1回しか使用できないため、リアルタイムで作成する必要があります。つまり、BOLT11の請求書は、寄付のページや値札の印刷など、非同期的な決済には向いていません。

例えば、食料品店でリンゴを売っていて、そのリンゴに米ドルまたはsats建ての値札を印刷していた場合、誰かがリンゴを買う前に米ドルの価値が上がってしまう可能性があります。このため、BTCがアカウント単位として広く採用されるまでは、商人はBTCのボラティリティにさらされることになります。

3. 3. BOLT 11のインボイスは、受信のみに使用でき、送信には使用できません。このため、クレジットインボイスを使用することができません。

例えば、BOLT11のライトニングATMでは、ドルと引き換えにsatsを送ることができず、インボイスを作成してATMに送らなければなりません(理想的なUXとは言えません)。

BOLT12では、不換紙幣を挿入し、QRコードをスキャンすると、ATMはあなたに支払いを行います。

まとめると

BOLT11のインボイスは一度しか使えない(安全ではない)

リアルタイムで作成しなければならない(寄付や値札には不向き)

BOLT11のインボイスは、受信にしか使えない。

では、BOLT12とは何でしょうか?

簡単に言うと、BOLT12はLightningの請求書の新しい仕様です。

"オファー"と呼ばれる新しいタイプの請求書から構成されています。

オファーとは、請求書の上にある請求書、つまり「メタ」請求書と考えることができます。

BOLT 12のオファーをスキャンすると、BOLT 11と同じように、財布が支払いを促します。

しかし、上記のATMの例のように、あなたにお金を送ることを提案することもできます。

BOLT 11のインボイスとは異なり、寄付のページやビルボード、あるいはタトゥー(ただし、BOLTが完全に批准されるまではタトゥーはお勧めできません😂)に静的なライトニング・インボイスを作成するために再利用することが可能です。

おそらく、「LNURLとよく似ている。なぜそれを使わないのか?

主な違いは、BOLT 12の提供するものはLightningネイティブであること、つまり、ウェブサーバー、TLS証明書、ドメイン名を必要としないことです。

BOLT 12は、インボイスの問題に対するプロトコル層のソリューションであり、LNURLはアプリケーション層のソリューションです。

つまり、BOLT 12はプライバシーに優れ、集中化リスク(DNS)が少なく、非技術系ユーザーにとってより良いUXを提供することができるのです。

BOLT 12は何に使えるか?

1. サブスクリプション 

BOLT 12は、毎日、毎週、または毎月、ユーザーに請求書を支払うように要求することができます(米ドルまたは sats 建て)。

ウォレットはまだこの機能を構築する必要がありますが、インフラは整っています。

2. ビットコインライトニングATM

オファーはクレジットインボイスの形で送金することができます。

これは以前は不可能であり、より良いUXを可能にし、採用につながる。

3. プライベートリファンド

ユーザーがインボイスを作成し、それをマーチャントに送って支払ってもらう代わりに、ユーザーは「返金」オファーをスキャンすることで、自分でインボイスを作成せずにsatsを受け取ることができます。

これは、受信者にとってよりプライベートなものであり、全体としてより良いUXです。

TLDR

BOLT12は、オファーと呼ばれる新しい「メタ」インボイスのためのドラフト仕様です。

オファーは静的なもので、ユーザーとマーチャントが受信と送信の両方を行うことができます。

オファーは永続的で、米ドル建てが可能なため、マーチャントにとってBTCのボラティリティを取り除くことができます。

BOLT 12には、このスレッドの範囲外であったプライバシーの強化など、他にも多くの機能があります。

もしパート2が欲しいなら、下にコメントしてください

お読みいただきありがとうございます。

追加のリソース

bolt11.org

bolt12.org

もしあなたが #LightningNetwork ノードを運用しているならば、Torq を見てみるべきでしょう。

以下原文

BOLT 12 is a sleeping giant.

But 99% of Bitcoiners don’t understand it yet.

In this thread, we’ll break it down as simply as possible:

Firstly, what is a BOLT?

BOLT stands for Basis of Lightning Technology

It’s a type of draft specification, similar to a BIP.

BOLT 12 is being developed on @blockstream’s c-lightning by @rusty_russel

When finalized, it will need to be implemented by either eclair @acinq or lnd @lightning to be considered ‘activated’

So what problems does BOLT 12 solve?

To answer this question, let’s take a look at the current invoicing protocol on Lightning, BOLT 11

BOLT 11 Invoices have three main components:

1. A Destination(Node pubkey)2. An amount(denominated in sats)3. A payment secret(hash)

So what are the limitations of BOLT 11?

1. A BOLT 11 invoice can only be used once. As soon as the invoice is created, the payment secret can be leaked. If you were to create a new invoice with the same secret, someone could discover the secret and claim funds that aren’t theirs.

2. Because each invoice can only be used once, they must be generated in real-time. This means that BOLT 11 invoices aren’t ideal for donation pages, printed price tags, and other asynchronous payment scenarios.

For example, if you were selling apples in a grocery store and printed price tags on them denominated in sats, the USD value may increase before someone buys your apples. This leaves merchants exposed to BTC’s volatility until BTC is widely adopted as a unit of account.

3. BOLT 11 invoices can only be used to receive, not send. This prevents the use of credit invoices. 

For example- a BOLT 11 Lightning ATM would not be able to send you sats in exchange for dollars, you would have to create an invoice and send it to the ATM(not ideal UX).

With BOLT 12, you would insert your fiat dollars, scan a QR code, and the ATM would pay you.

To summarize:

BOLT 11 invoices can only be used once(insecure)

They MUST be generated in real-time(bad for donations, price tags)

BOLT 11 invoices can only be used to receive, not send.

So what’s BOLT 12?

In short, BOLT 12 is a new specification for Lightning invoices.

It consists of a new type of invoice called an “offer”.

You can think of an offer as a ‘meta’ invoice- an invoice on top of an invoice.

You can scan a BOLT 12 offer and your wallet will prompt you to pay it, just like BOLT 11.

But it could also offer to send YOU money, like in the ATM example above.

Unlike a BOLT 11 invoice, you can reuse them to create static Lightning invoices on donation pages, billboards, or even a tattoo(although, tattoos aren’t recommended until the BOLT is fully ratified😂)

Now you’re probably thinking, “this sounds a lot like LNURL. Why not just use that?”

The main difference is that BOLT 12 offers are Lightning-native, i.e- they do not require a web server, TLS certificate, and a domain name.

BOLT 12 is a protocol layer solution to the invoice problem, while LNURL is an application layer solution.

This means BOLT 12 has better privacy, less centralization risk (DNS), and better UX for non-technical users.

What can we use BOLT 12 for?

1. Subscriptions. 

BOLT 12 offers can ask users to pay an invoice every day, week, or month(denominated in USD or sats)

Wallets still need to build out this functionality, but the infrastructure will be in place.

2. Bitcoin Lightning ATMs

Offers can send you money in the form of a credit invoice.

This was previously impossible, and allows for better UX, which leads to adoption.

3. Private Refunds

Instead of a user creating an invoice and sending it to a merchant for them to pay, a user can scan a ‘refund’ offer and receive their sats without creating their own invoice.

This is more private for the receiver, and has better UX overall.

TLDR:

BOLT 12 is a draft specification for a new ‘meta’ invoice called an offer.

Offers are static, and allow users and merchants to both receive AND send.

Because offers are persistent, and can be denominated in USD, they remove BTC volatility for merchants.

BOLT 12 has many other features, including privacy enhancements, that were outside the scope of this thread.

Comment below if you want a part 2!

Thanks for reading, and follow us for more.

Additional Resources:

bolt11.org

bolt12.org

If you’re running a #LightningNetwork node you should take a look at Torq:

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ビットコインとライトニングネットワーク

Share

Popular stories

【SSD, HDD】ストレージの消費電力【SATA, NVMe M.2】

5449

取引所でビットコインを少額買ってLightningウォレットに送金したい。手数料最安はどこ?

2458

私は未来から来たタイムトラベラーです。あなたたちがしていることをやめるよう頼みに来ました。

844