FTXのデリバティブDEX「Serum」が登場とのこと

FTXのデリバティブDEX「Serum」が登場とのこと

こんにちは、ビットコインFX狂騒曲を運営しているbit仙人です。

Bspeak!クリプトメルマガさんから届いたメルマガに、気になるトピックがあったので紹介します。※CoinPostさんも数日前に紹介してた

以下引用

暗号取引所FTXは、Serumと呼ばれる分散型取引所(DEX)を、今後数週間以内にSolanaブロックチェーン上に構築する計画を発表しました。

Serum(SRM)と MegaSerum(MSRM)というトークンが発行される予定で、ディスカウントに使われます。またステーキングとバーンにも使われる予定です。

またSolanaは5月にKinというプロジェクトがSolanaに移行することも発表されていて、徐々に注目を集めています。

今回の発表をうけてSolanaのトークンは14%ほど上昇し、セールから700%ほどになったとのこと。

今回のSerumはSolanaを使ってEthereumの互換性をもたせる予定ですが、Solana以外のスマコンプラットフォームも、Ethereum互換を前提としています。そういった意味で、Ethereum Killierと言われているプラットフォームはEthereumサイドチェーンの役割が大きくなります。

 

Serum上で発行される予定のBTCトークンとUSDトークンの仕組み

1. Serum上で毎週満期を迎えるBTCの先物契約をつくる

2. それぞれの先物契約のロングポジションを表すトークンをつくる(例:BTC-2020-07-22、BTC-2020-07-29)

しかし有効期限があると、区別されて流動性が十分につくれないし、検索もしにくい。

3.そこで、もう一つのトークンSerumBTCを作る。スマートコントラクトで「BTC-2020-07-22トークン」をロックし、等価の「SerumBTCトークン」を生成する。redeem(償還)もそのスマートコントラクトが行う。

毎週SerumBTCコントラクトが、現状のBTC先物(例:BTC-2020-07-22)から次の週のBTC先物(例:BTC-2020-07-29)へと自動的に担保対象を変更する。

こうしてSerumBTC自体は有効期限がないSerum上のBTCトークンを作る。

全てtoken化することで、期限のない限月つなぎのビットコイン先物?ができるってことですね。

流動性次第では使う価値がありそうです。

でもそれFTX取引所内でできそうなもんだと思うけど。DEXにわざわざしなければいけない理由は良く知らない。

SerumUSDも同様だが、SerumUSD_BASKというUSDステーブルコインのバスケットの先物契約を利用する。

「USDT」「DAI」「USDC」...など、メイカー側が受け付けてもいいトークンを複数選び、テイカー側がその中から選択し、ポジションが構築される。以降はSerumBTCと同様。

基軸ペアになるステーブルコインがバスケット(合成)でやるとなればかなり公正なものになりそう。

FTXの新しい試みは応援している。
なお私は、使いにくいのであまり利用はしていない。

関連記事:FTX取引所のキャンペーン更新情報まとめ

 

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ビットコインFX狂騒曲というブログとYoutubeを運営しています。 BTCが貰えるときいてこちらでも記事を書いてみようと思い登録しました。

Share

Popular stories

過去ビットコインが暴騰・暴落したきっかけとなった出来事の共通点|今後も注目すべきファンダは○○○

2908

家賃支援給付金でまた国からボーナスが貰える。申請方法調べてみた【更新あり】

1176

【ブックマーク推奨】ビットコイントレードに役立つ無料サイト・ツール12選

827