0点をとったのは初めて? それにしても韓国は侮れない!

0点をとったのは初めて? それにしても韓国は侮れない!

プログラミングを学ぼうと思い、先週から"42Tokyo"の入学試験を受けています。

「入学試験を”受けている”」と進行形で表現すると、なんだか変な感じがするかもしれませんね。

しかし実際、私がいま受けている入学試験は、4週間の長さに及ぶもので、けっこうハードです。しばらくそっちに時間を取られそうなので、記事の投稿やコメントが滞りそうですが、どうかご容赦を・・・

 

ご存じの方はご存じでしょうけれど、42Tokyo(フォーティーツー・トーキョー)というのは、フランス発のエンジニア養成機関です。

入学金も授業料もすべて無料という、それだけでも驚きですが、教師も教科書も一切なしで、学生同士で課題を克服するシステムというのも斬新です。

https://42tokyo.jp/curriculum/

42はパリ、マドリード、アムステルダムといったヨーロッパの主要都市だけでなく、南北アメリカや韓国などでも開講されているそうです。それがいよいよ、2020年4月に東京で開講するというので、大いに注目されていました。

ところが期せずして、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって、開講が延期。私も入学試験(Piscine、ピシンと呼んでいます)を3月に受ける予定でしたが、延びに延び、待ちに待った挙句に、今やっと受けられる運びになりました。

入学試験の内容を、具体的に語るのは控えますが、オンラインでプログラミングの課題が出され、それを提出するというかんじです。

すべてがオンラインで完結するわけではなく、4週間の期間中、毎週金曜日に六本木のキャンパスに行き、examというテストを受けます。まあ中間試験のようなものなのかもしれません。

 

先週の金曜日(8月7日)に、その最初のexamがありました。

東京のど真ん中に行く機会などそうそうなく、ワクワクしながらキャンパスを訪れた私。

しかしそこに、衝撃の結末が待っていました。

そう、なんと0点をとってしまったのです

 

examの内容は、生憎お話しできませんが、これを受けた人たちのうち、84%もの人が0点だったというのも衝撃的です。情け容赦ありませんね。

 

ここにもう一つ、おもしろいデータがあります。

この最初のexam00は世界各地の42で実施されているらしいのですが、都市ごとの成績が比較できるのです。

どの国でも相当の割合の人が0点を食らうのですが、まず東京では、それが84%です。八割以上が得点ゼロです。

それに対して、発祥であるパリ(42.4%)、リヨン(55.6%)、ブリュッセル(36.6%)等、フランス語圏の成績がいいようです。

目を引くのは韓国ですね。ソウルで0点を取った人は49.8%! なんと半数以上の受験者は得点しているのです!

ソウルと東京を比べると、その差は一目瞭然です

 

もう一つ、100点を取った人の割合も見てみましょう。

  • 東京・・・・2.7%
  • ソウル・・・・13.6%
  • パリ・・・・・11.4%
  • ブリュッセル・・7.6%  等々

・・・韓国ぶっちぎりじゃん!!!

 

お隣の国が、そんなIT人材の宝庫だったとは!

私は素直に驚きました。

 

でもこの驚きって、私だけ? 韓国人が優秀なのって常識? ・・・と思い、知人にこの話題をぶつけてみました。

 

 

Remaining : 582 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

妻や子供に言えない話をいろいろ書きます。

Share

Popular stories

スマホで稼ぐ! マクロを使ってフリービットコイン効率化!① 試行の概要

877

sMilesやってみた —> 初日の獲得額は? /運動して仮想通貨がもらえるアプリ

874

「さいたま市」がなぜ平仮名なのかは、子供には説明しにくかった。

485