酒とユッカとアガベとキンシャチ

酒とユッカとアガベとキンシャチ

みなさんこんにちは。何やら河島英五さんの「酒と泪と男と女」みたいなタイトルで始まりましたが(若い人はわかるかな~(笑)?)、つい先日のお盆休みに、DIYの友人宅のガレージに集合しました。その目的とは・・・

ユッカの定期健診(笑)。ユッカとはメキシコなどが原産地の植物で、これは「ユッカ・ロストラータ」と言う品種。数年前にDIYの友人から頂いたのですが、ずっと玄関先に放置していたので一度状態を見てもらおうと家から持ってきました(水やりをした事なかったけど生き延びるとは、乾燥地帯の植物は逞しい(笑)!)。

友人に状態を確認してもらい、特に問題はないとの事だったので一安心。肥料的な錠剤を蒔いて、せっかくだからと見栄えを良くするために・・・

上から赤い化粧砂を被せてお色直しも(笑)。グッと引き締まった感じになりました!そして、今回はもう一つ定期健診をする事に。それがこちらの・・・

キンシャチです!キンシャチは、いわゆるサボテンの品種の一つで、これも同じく友人から頂いてそのまま玄関先に放置されていました(笑)。友人いわく、状態は悪くないけど、鉢のサイズが小さくなっているとの事だったので・・・

大きいサイズの鉢に植え替える事に!鉢から取り出し、土を落とすと・・・

まるで、天空の城ラピュタが最後空に帰って行くシーンのようにも見えます(見えないか(笑))。

新しい鉢に移して上から土を入れ、こちらも最後に赤い化粧砂を被せれば・・・

見事完成!サイズ感と言い、見た目の色合いと言い、完璧です!・・・ってな事を・・・

私は手伝いもせずにビールとバターピーナッツを食べながら思っていました(笑)。この日はかなり暑かったので、キレのあるスーパードライが美味い!そのうち、友人も植え替え作業がひと段落着いたようなので・・・

ようやく本日のワインが登場(サボテンの植え替えブログになる所でした(笑))!今回は、友人がコストコで買って来たフランスのボルドーワイン「メニュ」を頂く事に!サンテミリオンのグランクリュワイン「クロ・デ・メニュ」を所有する「メゾン・リヴィエール社」が造るバリューワインで、お値段はセールで千円ぐらいだったそうです(安い!)。

品種はメルローとカベルネ・ソーヴィニヨンが主体との事。さっそく味わってみると、黒い果実に少し青い野菜や杉のような香り、そして樽由来の甘香ばしい香りも感じられ、ややしっかり目のタンニンと丸い酸味、そして程よい果実味とのバランスが良く、全体的にエレガントなスタイルで美味しい!フランスらしい上品さがあり、尚且つ千円台と言うコスパの高さ・・・さすがコストコ、恐るべし(笑)!

バランスが良いのでワインだけでも楽しめますが、同じくコストコで買って来たメイプル入りのパンケーキを友人が出してくれたので、さっそくペアリング。すると、メルロー特有のフルーツケーキのようなニュアンスや黒い果実のニュアンスがパンケーキと良く合いました!これぞコストコペアリング(笑)!

いかがでしたか?今回はユッカやサボテンから始まりましたが、結局最後に言える事は、コストコが凄いって事です(笑)。少し前にTwitterで見ましたが、フランスのあの高級なシャンパーニュがなんと税込1,998円で販売されているそうです(激安(笑))!残念ながらうちの近くにはコストコがないので(笑)、コストコが近くにある方はぜひワインもチェックしてみて下さいね、お値打ちですよ~!・・・って商売敵を応援してどうするよ(笑)。うちのお店もよろしくね(笑)。

Remaining : 421 characters / 5 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ワイン、日本酒、音楽、サッカー、アウトドア好きです。お酒にまつわる面白い話を書いています。また、ネットでワインショップ「LIFE WITH SAKE & WINE」をオープンしました。10%オフクーポン「open2021」(お1人様1回有効期限無し)ご用意したのでぜひご覧下さい!

Share

Popular stories

シンポジウムの語源にワインあり?

919

サムライマックに合うお酒は?

527

芸能人格付けチェック、なぜ白ワインと赤ワインを間違えるのか?

483