兎弐

兎弐

@1573

(;;)

No one you following yet

「FBI捜査官 ドジ・コイン」

「逃走用車両と1億ぺぺキャッシュを用意しろ。交渉の余地はない。30分ごとに人質をひとり撃つ。こちらには10人の仲間がいる。突入しようなどと思うな。」 無線の向こうから女性銀行員の咽び泣く声が聞こえた。 どうしたらいい・・・。銀行の警備主任のマルクは困っていた。 マルクが仕事中にコーヒーとドーナツを買いに行っている隙に、銀行のセキュリティに弱いところがあって、銀行強盗が発生してしまったのだ。監視カメラは破壊され、窓はカーテンでふさがれて内部の様子はわからない。 わかっていることは銀行員と数人の客が人質にされていることだけだ。 1億ぺぺキャッシュなんて大金、どうやって用意すればいいんだ・・・。 そこにひとりの男がやってきた。 「おはよう諸君、FBI捜査官のドジ・コインだ。私が来たからにはもう安心だぞ。ここの責任者は?」 「私です。警備主任のマルクです。」 「マルク、よろしくな。若いのう。心配するな、あとは全部私に任せるがいい。無線をこっちに寄越すんだ。」 マルクは言う通りにした。 「聞こえるか、こちらはドジだ。FBI捜査官のドジ。そちらにいるのはレア・ぺぺだな?すでに調べはついているぞ。」 どうやって?マルクは思った。中の様子はわからないのだ。それなのにすでに犯人の名前を特定している。さすがFBIだ。 「どうして俺の名前を・・・。」 「心配するな。ぺぺくん、君の望むものはすべて用意する。人質の命が最優先だ。」 「逃走用車両と1億ぺぺキャッシュだ。5分後に最初の人質を撃つ。」 「わかった。1分で用意する。マルク、裏口の警官たちをどけなさい。私が車両と1億ぺぺキャッシュを犯人に届ける。全部私に任せなさい。時間が無い。急ぐんだ。」 マルクは言う通りにした。 ドジは走ってどこかに消えたかと思うと車に乗って戻ってきて、そのまま裏口に向かった。 このまま無事に解決してほしい。マルクは心の底から願っていた。そのとき、ひとりの男がやってきた。 「おはよう諸君、FBI捜査官のイ・サリアムだ。私が来たからにはもう安心だぞ。ここの責任者は?」 マルクは困惑した。 「またFBI捜査官ですか?先ほどドジ・コインさんがきて犯人のところに向かいましたよ?」 「ドジ・コイン?そんなやつは知らんぞ」 そしてイ・サリアムは理解した。 「バカもん!そいつは犯人の仲間だ」 銀行の裏口からひとりの男がでかいカバンをいくつも持って出てきた。 「テスラで来たぜ、イーロン。」 ドジ・コインが車のドアを開けて待っていた。 「あいつらまんまと信じたよ。仲間がたくさんいるとか、人質を撃つとかな。1億ぺぺキャッシュも・・・、そんな

UNIになった

昨日、職場の同僚がUNIをもらって喜んでいた。 日本円換算で20万円分のUNIをただでもらえたなんてうらやましい。俺も欲しかった。 その同僚が、今朝体調が悪いと言って仕事を休んだ。 コロナかなと怖くなった。 夕方、同僚から電話がかかってきた。 「大丈夫?」って聞いてみた。そしたら息も絶え絶えに「おでこが割れて・・・血が止まらなくて・・・痛くて・・・触ってみたら・・・角が生えてきてた・・・」って言って電話が切れた。 ちょっと心配だったけどいたずらかなと思ったし、疲れてたしそのまま寝た。 ピンポーン。呼び鈴の音で目を覚ました。 こんな朝早くに誰? カメラを見たら玄関の前には誰もいなかった。 それでもピンポーンピンポーンってうるさいから勇気を出してドアを開けてみたらやっぱり誰もいなかった。それでもピンポーンって鳴り続けてる。呼び鈴壊れた?いや、呼び鈴のほうを見てみたら謎の鋭くて長い棒が呼び鈴のボタンを連打していた。その棒を辿っていくと、謎がとけた。その棒は50m先にいる友達の頭から生えた角だった。 「おはよう」友達は笑っていた。よく見たら下半身が裸だ、というより馬の脚だ。そしてお股にはなんと立派な。 「どうしたのそのかっこう」 「昨日角が生えてきてユニコーンに変身した」 「角長すぎない?」 「ずっと伸び続けてる」 「着替えてカバン取ってくるから一緒に会社行こう。ちょっと待ってて」 一旦家に帰った。悪い夢かな。頬をはたいた。夢じゃない。朝飯を食べて歯を磨いてスーツに着替えて家を出た。さっきまで二足歩行で立っていた同僚は上半身まで馬になっていて前脚を地面に降ろしていた。顔だけが人間のままだったので不気味だった。 「良かったら乗ってく?」 せっかくなので乗せてもらった。パカラッパカラッ。良い乗り心地だった。あっという間に会社に着いた。早朝だったので誰にも見られなかった。 「ありがとう」と言って、背中から降りた。 「ヒヒーン!」 同僚は完全に顔まで馬になっていた。 長い角は100メートルの長さにまで成長し続けていた。そして会社のビルを一刀両断した。ズズンと崩れた。落ちてきたガレキに潰されて俺とユニコーンは死んだ。 こいつはまさに、大・迷・惑。

ご冥福をお祈りしません。

誰かが亡くなると、テレビなんかでは「ご冥福をお祈りします」というのが定番ですね。政治家も、ニュースキャスターも、異口同音にそう言う。 でも、批判を覚悟で言いますが、亡くなったのが自殺だった場合にこれを言うのは、いかがなものかと思います。 ちょっと重箱の隅をつつくような話題かもしれませんが、おつきあいくださいませ。     「冥福」という言葉は、字面からして、「あの世での幸福」という意味だと解釈できます。 つまり「冥福を祈る」とは、天国に行くなり、来世でよりより境遇に生まれ変わるなり、死後の幸福を願うーーという意味になるんでしょう。おそらく。   しかし、自殺する人は、この世で生きていけないほど苦しいから、死を選ぶのです。この世での幸せになりかたかったけど、それが叶えられなかったのです。 死ぬ当人は、「せめてあの世では幸せに・・・」と思っている可能性はありますが、喜び勇んであの世に行くわけではないのです。死なずに済むなら、そうしたかったはずです。   仮に私が、不本意ながら死を選ばざるを得なかったとしましょう。 そこで、生者から「あの世では幸せにね」と言われたところで、嬉しくもなんともない。「お前が言うな!」「生きている間に助けてくれよ!」と言いたくなるでしょう。 死んだ後で幸せを願われたって、なんの救いにもなりゃしないのです。 そんなものは偽善です。  

btc_dakara purchased this article rnjb6wvws

100

Purchased this article auepju9os

-100

Yuya purchased this article u8hw69uwy

100

btc_dakara purchased this article u8hw69uwy

100

Exchanged

-1500

匿名ユーザ purchased this article 32moj209f

100

ロクヨウ purchased this article i6tv4frf9

100

Exchanged

-1100

Popular stories

ledger nanoのupdateをしたらbootloaderで進まなくなったけど2秒で解決

358

UNIになった

150

ライトニングネットワークでさとみとKISS

56

Archives

2021-08
2posts
2020-10
1posts
2020-09
2posts