ロシアのウクライナ侵攻に関するコラム

ロシアのウクライナ侵攻に関するコラム

ご存じのとおり、ロシアがウクライナに侵攻しました。この紛争は、地政学、国家安全保障、金融市場にまたがる複雑なものです。

今日は、saekoがこの事件に関して考えていることを5個つらつらと書きたいと思います。少し長くなりましたがごめんなさい。

(1)戦争は醜いものです。暴力的な紛争は、何百万人もの人命を奪い、信じられないほどの経済的苦境をもたらします。最も大きな影響を受けるのは、戦争に関心がなく、紛争に至る経緯に参加したこともない一般市民です。言うまでもないことですが、私はロシアとウクライナの国民一人一人が無事であることを願います。私たち家族は、日本に住んでいて、他国のミサイル発射や都市への侵入を心配する必要のない日常生活を送ることができ、とても幸運だと思います。

(2)地政学的な秩序の大きな変化が目の前で繰り広げられているように感じられます。ロシアのウクライナ侵攻は、基本的にプーチンが米国とNATOのハッタリに対抗しようとしたものです。プーチンは、米国とNATOに痛みを伴う制裁を課す政治的意志がないと考えており、また、加盟国の国民の間に戦争への意欲がほとんどないことを理解しています。同時に、中国は台湾への挑発を強めています。今朝、中国空軍の飛行機9機が台湾の領空に侵入し、軍艦が台湾の防衛区域を侵犯しました。

ロシアも中国も、長年続いたアメリカの保護主義が各地域で弱体化していることを理解し、よりグローバルなパワー、影響力、資源を獲得するために一芝居打っているのです。これらの出来事の重要性を無視することはできません。

(3)ロシアは世界第3位の産油国で、世界の生産量の約12%を担っています。ここ数カ月、米国をはじめ世界のブレント原油価格はかなり高騰しており、米国の現政権は価格上昇を抑制するため、市場への原油供給量を増やすよう求めています。ロシアもサウジアラビアも増産はしないと言っているので、米国は厄介な立場に立たされています。さらに事態を複雑にしているのは、ロシアの侵攻のニュースでブレント原油価格が大きく急騰し、現在1バレル100ドルを大きく超えて取引されていることです。

奇妙なことに、石油価格の上昇と国際社会がロシアの石油を購入し続けていることが相まって、ロシアは侵略から多大な利益を得ていることになります。残念ながら、米国とその同盟国は、米国以外の石油生産国に依存することを事前に決定しているため、石油の購入を長期にわたって止めることができません。

(4)ロシアの行動によって、米国や同盟国から金融制裁が相次ぐ可能性が高いと思います。最も大きなアクションは、ロシアをSWIFTシステムから排除することでしょう。また、プーチン個人に対する制裁や、他のロシア高官の幹部に対する制裁もあり得ます。どのような制裁を行うにせよ、ロシアがこの事態に備えるためのウォーゲームを行っていないと考えるのは、国際社会にとって甘い考えだといえます。

知らない人も多いと思ますがが、ロシアは世界でも有数の外貨準備高と金準備高を持っています。2020年末には中国、日本、スイスに次ぐ第4位でした。この6000億ドル以上の外貨と金は、制裁が実施されれば、彼らの道具箱となるのです。ロシアが何を計画しているのか正確には分からないですが、破滅的な制裁のリスクを取る気があるのは非常に明白です。米国とNATOが壊滅的な制裁を加えるとは思っていないか、制裁を回避する方法について計画を持っているかのどちらかです。

(5)米国は何十年もの間、世界の基軸通貨を生産し、流通させてきました。この地位の利点の一つは、意見の異なる相手や、善悪の概念に反する相手に対して金融制裁を課すことができることです。しかし、金融制裁のニュアンスは、意図した対象が、自分が生産・流通させている通貨を使用している場合にのみ有効であるということです。ロシアは膨大な量の外貨と金を持っているので、このような制裁は以前ほど効果がないかもしれません。

このことは、最も重要なポイントになります。米国は、世界の大部分が基軸通貨として米ドルを使用しない世界において、何をすべきかを考え始めなければならないのです。

ドル体制からの脱却を公言してきたロシアと中国が、現在の世界基軸通貨を使うにはコストが高すぎると判断した場合どうなるでしょうか。彼らはルーブルや人民元を新たな基軸通貨として使用することはないでしょう。

米国は米ドルをあきらめてはいけません。むしろ、世界の基軸通貨の生産と流通に最適化し続けるべきだと思います。その地位を占めれば、安全と安定があるからです。しかし、ヘッジも始めなければなりません。保険をかけるべき時なのです。50年後に米ドルが世界の基軸通貨でなくなる可能性が極めて低いとリーダーが考えているとしても、その小さな可能性の中でリーダーになれるように位置づけなければならないのです。

米国は、ビットコインを中央銀行の準備金に入れるべきです。直ちに、世界中のできるだけ多くのビットコインマイナーを米国に移住させるよう奨励すべきです。ビットコインの支出に対するキャピタルゲイン税を撤廃し、伝統的な通貨と同様に扱うべきです。そして米国は、非中央集権的なデジタル通貨について国民への教育を開始すべきです。これらのステップを成功させるには何年もかかるでしょうが、今始めることが重要です。これは日本も同様に考えていくべきです。

現在の地政学的状況は、歴史の教科書に書かれることになるでしょう。戦争によって悪影響を受ける人々への思いやりを持ち続け、侵略者たちとの意見の相違に揺るぎない態度を保ち、どんなにあり得ないと思っても、将来のさまざまなシナリオを計画しておくことが肝要です。

このような状況の中、皆様が素晴らしい一日を過ごされることを願っています。大切な人に会ったら、抱きしめてあげてください。投げ銭もしてください。

saeko

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

投げ銭されにくるアイドル

Share

Popular stories

人生がときめく投げ銭のススメ

320

人生でもてたことあります?

101

時代とそぐわないことをするという愚行

89