NostrクライアントのLN組み込み方法

Nostrクライアントは多種ありますがメジャーなものはだいたいLNの支払いが用意されています。現時点でどんな組み込み方法になっているか調べました。この記事では主にSnortを対象にしています。

LN活用場面

大きくLNアドレスとLNインボイスの2つの形式があります。

1. LNアドレスで投げ銭をセットできる

LNURLのLNアドレスをセットすると、プロフィールやノート(ツイートに相当)からLN支払いができます。別クライアントのastralなどではプリミティブなLNURLの投げ銭形式lnurl1dp68~)でもセットできます。

[追記]さらに本日、Snortで試験的にノート単位に投げ銭できる機能が追加されています。

2. LNインボイスが投稿できる

投稿でLNインボイスを貼り付ければ上記のように他の発言と同じようにタイムラインに流れます。Payボタンを押すと各自の端末にあるLNウォレットが立ち上がります。

3. DMでLNインボイスを送る

メッセージにLNインボイスが組み込まれているという点では2とほぼ同じですが、ユースケースが異なります。発表されたばかりですがリレーサーバの有料化が始まっていて、その決済をDMにLNインボイスを送付して行うことが試されています。2だとパブリックに投稿されますが、こちらはプライベートなので購入希望者のみにLNインボイスを届けられます。



おまけ: Nostrのユーザ名をLNアドレスと同じにする

直接は関係ないですが、Nostrはユーザー名をemail形式にすることができます。LNアドレスも自分でドメイン取って作れるのでNostrのユーザー名と投げ銭のアドレスを同じにできます。

LNウォレットのAlbyのドメインをNostrのユーザ名にも活用している様子Image

実装方法

LNアドレスもLNインボイスも非常にシンプルな話ですが軽くまとめます。Snortリポジトリ

LNアドレス

1. セットされたLNアドレスを分解して https://[domain]/.well-known/lnurlp/[username]にリクエストする
2. 成功したら投げ銭量を決めるUIを提示する
3. Get Inoviceボタンを押したら1のレスポンスにあるcallbackにリクエストしてインボイスを取得する
4. 成功したらPayボタンを提示する

LNインボイス

1. 投稿内容がLNインボイス識別子(lnbc10m〜)だとわかると、識別子の中の文字列から情報(金額、説明、有効期限)を取り出し、表示用のUIを作成する
2. 有効期限内だったらPayボタンを提示し、期限が切れていたらExpiredでロックする

支払い

Payボタンを押された後の動きはアドレス、インボイスとも同じです。

  • ブラウザでWebLN(Albyなど)がセットされていて、window.weblnオブジェクトがenableになっていると、拡張機能の支払い画面が立ち上がる。クライアント側で支払い成功をキャッチすることも可能。
  • Open Walletボタンを押すと lightning:lnbc10m~のURI形式でwindow.openされ、Mac/Windows/iPhone/Androidなど各OSに応じたアプリケーション呼び出しが行われ、URIに対応しているLNウォレットが立ち上がる

[追記]ノート単位の投げ銭

Snort周辺の数人(strike社員っぽい人が一人いて本件のメイン実装している)で試験的にやっているようで現時点では実装レベルでしか詳細わかりませんでした。strikeのzapといまいち区別が付かなかったのですが、実装を見るとnostrプロトコルにzapイベントが追加されています。ソースコメントではこの後NIP(nostr improvement proposal)が起こされるようでかなりハッキーです。zap=tipの方言なんでしょうか?

ノートやプロフィールやリアクションなどに加えて新たにnostrイベントに追加しているものは以下2つです。

  • zapRequest 投げ銭した側が対象イベントIDと量を記録する
  • zapReceipt 投げ銭を受け取った側用のイベント

一つでできそうと思ったけど、nostrは自己主権のプロトコルでイベント作成するには発行者の署名が必須なので2つに分かれているのでしょう。

所感

現状はクライアントだけで完結する非常にシンプルな方法になっています。リレーサーバも経由しないしクライアントにLNノードを組み込むこともしていません。サードパーティへのhttpリクエストやローカルのアプリに受け渡すだけなので、実はどんな一般アプリでもそんなに知識もコストも要らずにパッとできるものです。

現状ちょっと不便だなと思っていることは、タイムラインに流れるインボイスの有効期限内の支払い済みがわからないことです。Payボタンを押してエラーにならないとわかりません。ウォレットアプリに放り投げていてこのトレースするためには、ウォレット側で支払い成功したらNostrイベントを書き込むなどの対応しない限りは、サービス側でインボイスを定期的に一つ一つLNに投げてチェックするなどが必要だと思われるので、他のサービスでマネするときは留意しておくとよさそうです。

一方で、DMによるLNインボイス送付は活用方法が広がりそうな予感があります。Nostrの公開鍵による本人特定と、LNインボイスのメモ欄のテキスト情報による突き合わせだけでも、かんたんな決済機能として用いれそうだからです。もっとNostrに判断材料を追加したければイベント追加も簡単にできることをSnortが示しています。とくにリレーサーバ購読やPROメニューなどのNostr周辺の支払いはやりやすそうなので、DM活用ではなくなにかしらの決済メニューを搭載したNostrクライアントもすぐに出てきそう気がします。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

Share

Popular stories

『Mastering the Lightning Network』を日本語訳して製本する(注:個人使用限定)

216

LNの料金市場の適正水準を整理する

177

続・NostrクライアントのLN組み込み方法-Zaps-

171