あの時もらった「2万円分のBTC」は
今いくらになったか?

あの時もらった「2万円分のBTC」は 今いくらになったか?

上昇気流に乗っているビットコインですが、4カ月ほど前に、こんな記事を書きました。

↓↓↓

「フリービットコイン」については、たびたび紹介していますが、フォーセットの一種です。

ルーレットをまわし、出た数字に応じて、無料でビットコインがもらえるというサイトです。

登録もプレーも、すべて無料です。

ルーレットを回せるのは、1時間に1回。つまり理屈の上では、一日で最大24回のチャンスがあります。

最高で、なんと200米ドル相当のビットコインがもらえます!!

 

このフリービットコインで、2020年7月に最高額をゲットしたという話が、上記リンクの記事の内容です。

この時もらったビットコインは、約0.021BTCでした。

この額が、その時点での「200米ドル相当のビットコイン」だったというわけです。

(日本円で、ざっくり計算して2万円です。なので記事のタイトルはそうしました。)

 

 

お気づきでしょうか?

そうなんです。

米ドルが基準になっているということは、米ドルに対するビットコインの価格が変動すれば、もらえるビットコインの額が変わっちゃうんですよね。

今回はその話です。 

 

たとえば、米ドルに対してビットコインが値上がりした場合、もらえるビットコインの額面は減ります。

逆に、ビットコインが値下がりすれば、もらえる額面が増えるというわけです。

 

7月にゲットしたビットコインの量が、約0.021BTCだったということは、1BTCがだいたい10,000米ドルだったと推定できますね

 

では、この「約0.021BTC」というのは、今ならいくらなのか?

 

はい、例によってググります。

「0.021BTCは何円か」と検索してみると・・・ハイ出ました。

42,193.65

 

ーー約42,000円。

あのときの2万円が、いま4万円。

倍になりました!!!

わずか4カ月で価値が倍になるとは、おそろしいほどの高騰ですね。

 

 

ついでに、フリービットコインのルーレットであてられる現在の最高額も見てみましょう。

最高額は、約0.01BTC

こっちはまた、ガクンと減りましたね。半分以下です。

いや、減ったのは額面だけで、「200米ドル相当」というのは変わっていないのです。

ビットコイン価格が大幅に上昇したので、200米ドルに相当する額面が、小さくなったんですね。

 

 

さて、このフリービットコイン、続くのでしょうか?

もともとフォーセットというのは、仮想通貨の普及を目指して、有志が自己資金で仮想通貨を調達してバラまいたのが始まりなんだとか。

なので、資金が尽きて閉鎖するサイトもあったようです。

ひどいのだと、まったく出金できない、なんていう詐欺サイトもあったりしました。

そんな中で、フリービットコインは今のところ出金できるし、ツイッターでアナウンスもしているし、まあ良心的なサイトだと感じます。

出金できた時の記事はこちら。

↓↓↓

 

・・・怖いのは、事前の発表なしで、いきなり閉鎖することですね。

フリービットコインの場合、姉妹サイトのフリードージコインが閉鎖するにあたり、きちんとアナウンスして出金を呼びかけていました。

もしフリービットコインが閉鎖する場合も、そうしてくれるといいんだけどな、と淡い期待を抱いております。

 

 

最後に。

やってみる場合は自己責任です!!!!

 

 

読んでくださってありがとうございました!

 

 

 

 

 

フリービットコインの登録はこちらからどうぞ!!!

https://freebitco.in/?r=16739907

この続き : 0字 / 画像 0枚
100

会員登録 / ログインして続きを読む

関連記事

記事を書いた人

妻や子供に言えない話をいろいろ書きます。

SNSにシェア

このクリエイターの人気記事

sMilesやってみた —> 初日の獲得額は? /運動して仮想通貨がもらえるアプリ

648

読売新聞が、ついに「BTC高騰」を報道!(2021年2月)

147

フリービットコインで最高得点が出ました!!  約2万円のBTCをゲット!

120