ヘッダー画像

閉じ込められた。

なまえ

金曜の午後から翌土曜の昼頃まで家に閉じ込められていた。

パキスタンでは部屋やトイレのドアが壊れるということがわりとよくあり、友人を呼んで外からドアを蹴破ってもらったりしていた。また、パキスタンのドアは下に1センチほど隙間があるのでそこから鍵、新聞、少量の飯を入れた皿などを渡すことができた。

しかし先進国ドイツでまさかパキスタンと同じことが起きるとは。

金曜の午後、大学から帰宅し、夕方にスーパーに行こうとしたら玄関のドアが開かない。ドアノブあたりがガタガタになっていてノブがうまく回らないのである。そして金曜日ということでドイツ人のフラットメイトはビール宴会であり帰宅するのは翌日ということであった。

しかたがないので家の窓から下の階に住むクルド人に助けを求めることにした。

「家のドアが、あかへんのんやけど、たすけてくれへんか??!!!」

クルド人、英語が全く分からないので、こっちを指さしながら、

「ギャハハハハハハハハッハッハハハ!!!!(ナニイッテンダテメー!!!)」

と馬鹿笑いして喜ぶので、仕方がないのでドイツ語の辞書を見ながら、

 

文字 520字

100

会員登録 / ログインして続きを読む

コメント(0件)

コメントを投稿するには記事を購入してください。

関連記事

名前
サムネイル

パッタイ🇹🇭パッタイ🇹🇭

推しの誕生日だから、推しの好物を

名前
サムネイル

生パクチーうまし

バリ食堂さんでエビ鳥角煮の三種盛りうんまい #品川ランチ #パクチー 

名前

2020 抱負

たつぞうです。   みなさん、アメリカとイランのニュースは見ましたか。 かなりきな臭くなってきましたね。 ということで(何がということなのか分かりませんが)新しいテーマで、ブログを書くことにしましたので、ここに宣言します。   世界平和の実現に向けてそのカテゴリの名前は「世界平和」(大きく出ましたねw) これまでの自分の生き方を振り返ってみると、家族を養うことを主な目的として、働いて生計を得るということに主眼を置いてきました。   しかしその暮らしも、世の中が平和であってこそ成り立つもの。 今の暮らしがつつがなくできているのも、平和が継続しているからですよね。   そこで、世界の平和について、自分でも何かできることはないかと考えてみました。   「契約民主主義」の実現今のカオスな世界状況を眺めた時、日本が果たすべき役割って、結構あるんじゃないかと考えています。   それを実行する上でも、日本の基盤が揺らいでいては、元も子もありません。   私のブログを見てくださる方は、ご存じかと思いますが、落合渉悟さん(以下親しみと敬意をこめて「Ochiaiさん」)の提言する「契約民主主義」とは、これまでの行政システムを大きく覆す、新たな概念になります。 参考:「Proof of Excellenceとしての契約民主主義」(Alis掲載記事) (できれば100回読んでほしいです。私はあと96回になりましたw)   以下、Ochiaiさんの文章引用 本来、民主主義は、Informed Citizeny(よく情報を与えられた市民)の存在を前提としているのですが、こんにちのSNSのフェイクニュースやフィルターバブルの影響、あるいは中国共産党の言論統制によって、市民が必ずしも正しい情報を持っているとは限らないため、民主主義が時代に合っていないのが現状です。   とはいえ、弱者であろうとも広く参政権を認める原理原則無くしては、自らが老いた時や子供に障がいがあった時に権利を主張できない社会になることは歴史を見るに明らかです。   スマートコントラクトを利用した新たな行政システムを採用することにより、国民のみなさんがそれぞれの幸せを追求し続けたとしても、まともな民主主義政治ができるようにしなければなりません。   また、どんなに民主主義によって世の中が混沌としようと、より良い民主主義を探す努力を辞めてはならないし、試すことを恐れてはならない。  との信念をもって、   過日、Ochiaiさん