ペイメントチャネルのサイズ変更をするスプライシング(Splicing)

Splicingはペイメントチャネルのサイズを変更するための仕組みです。サイズを小さくする場合はSplicing-out、大きくする場合はSplicing-inと呼んだりします。現状のLNでチャネルのサイズを変更するには、一度チャネルを閉じて開き直す必要があり、これには2つのトランザクションが必要になります。Splicingを使うことでこのトランザクションを1つに纏めることができます。さらに、というよりこれが要点ですが、Splicingでチャネルサイズを変更している間(この新しいチャネルが未承認の場合)でも、既存のチャネルでルーティングを継続することができます。

既存のチャネル(これは閉鎖中のチャネルとも呼べる)と開設中のチャネルが共存するなか、どうやってルーティングをしているかというと、既存のチャネルのコミットメントにHTLCが追加・削除される場合、開設中のチャネルにも同じ金額のHTLCを追加・削除します。このHTLCは両コミットメントに共存していますが(コミットメントはオフライン上のデータであることに注意)、HTLCがオンチェーンに展開される場合、最終的にブロックチェーンに刻まれるのはどちらか一方なので、チャネル間の残高の整合性は担保されます。

Splicingの仕様は以下リンクに詳しいです。

また、Splicingではinteractive-txと呼ばれる新しい仕様も必要になり、その仕様は以下のリンクに詳しいです。

interactive-txは、チャネル開設時にOpenerだけでなくAccepterにもfunding_txのためのインプットを追加できるようにするもので、より柔軟にfunding_txを構成することが可能になります。もともとinteractive-txはdual-fundingのための仕様として策定が進められていましたがSplicingでもこの仕様を活用することになったみたいです。

Remaining : 0 characters / 0 images
100

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ちょビットコイナー nostr id: npub1l83ycz54gng3nd8suvww43fardjsca37x7z5rcwlmeqzudg027fqe9hwaa

Share

Popular stories

LNノードの運用益はどれぐらい?パート1

1829

【Muun】ちょっと変わったライトニング搭載ノンカストディアルウォレット

1798

LNノードの運用益はどれぐらい?パート3

1095