新首相を選出するために、こんなに時間がかかっていいのかな?

新首相を選出するために、こんなに時間がかかっていいのかな?

100

みなさんこんにちは、サカモトです。

本日(9月14日)、自民党総裁選が行われましたね。

新しい総裁に選出されたのは、菅義偉さんでした。なんの意外性もないですねww

まあそれはいいんですが、さてこれを受けて、あさってには国会で首相指名選挙が行われます。そこで菅さんが、内閣総理大臣として指名されるという運びです。

それにしても、手続きが面倒ですね。

これまで、こういう流れでした。

9月1日・・・自民党総務会(①)

9月8日・・・総裁選告示

9月14日・・・総裁選投開票(②)

そして、以下のように続きます。

9月16日・・・国会で首相指名選挙(③)

9月17日?・・・皇居で親任式(④)

国の制度としては、首相を選ぶのは首相指名選挙(③)です。

しかし、それをやるためには、各党が首相候補を決めておかなければなりません。それが、自民党の場合は総裁選(②)だということです。

しかも、総裁選をやるためには、その方法を決めておかなければなりません。それが自民党総務会(①)です。今回は、簡易化して党員投票をしないということを巡り、紛糾しました。

さらに、内閣総理大臣は、天皇から任命されることによって正式に就任します。憲法でそうなってます。

つまり、9月17日(④)の親任式を終えるまでは、日本の内閣総理大臣は安倍晋三さんなのです。

・・・こんなに手続きが多くて、大丈夫なのかな?

アメリカでは、大統領が執務不能になったら、副大統領がただちに大統領に就任します。

たとえば、ケネディ大統領が暗殺されたその時から、法的には、ジョンソン副大統領が大統領に昇格しています。

政治的空白を作らない、というのは、まさにそういうことでしょう。

しかし、日本はどうか。

一から選び直すのです。

2000年(平成12年)に小渕恵三首相が急死した時、あわただしく首相指名選挙が行われました。結果、森喜朗内閣が発足しましたが、なぜ森さんが自民党総裁になったのかという経緯が不透明で、「密室人事」と批判されました。

密室人事はいいことじゃないんでしょう。

しかしながら、「首相が欠けた場合に、必ず首相指名選挙をやることになってる方がおかしいんじゃない?」と、私は思うのです。

首都直下地震のような大災害が起きて、首相が行方不明になったとしましょう。

そしたら首相指名選挙をやるのかな? できるわけありませんね。

もちろん首相の職務は、内閣の誰かが臨時で代行するのでしょう。

しかし、非常時の対応が、「首相代行」という肩書きでどうにかできるとは思えない。

ここはやっぱり、新首相が自動的に決まるように、法律を作った方がいいと思うんですよね。

皆さんはどう思われますか?

読んでくださってありがとうございました!

100