1日1枚だけ生成されるNFT「モナキャラット」

1日1枚だけ生成されるNFT「モナキャラット」

モナキャラットとは

モナキャラットとは、毎日1体のモナキャラットNFTが抽選でもらえるプラットフォームです。
父なる開発者は、すなぎも氏です。

70京(700,000,000,000,000,000)種類のモナキャラットのうち毎日1枚が母星から派遣されてきます。それぞれの髪型から服装、背景が異なっており、各モナキャラットには、派遣された(生まれた)日の季語からなる名前がついています。

70京種類なので、生きているうちにはすべてのモナキャラットは見ることができないことでしょう。

70京の組み合わせがあるので、収集家の誰かのツボに刺さるモナキャラットが生成されると、世界に1枚しか存在しないNFTとして、高額な取引の対象にもなります。

例えば、2021年8月10日に派遣された「サルザケ」ちゃんは、取得者から収集家へ約51万円分のモナコイン(3000Mona)で取引されました。

モナキャラットの入手方法

モナキャラットは、1日1枚しか母星からやってきません。しかし、運営の元へやってきて、運営からモナキャラットを買う、という仕組みではなく、毎日抽選で誰かに派遣されています。

母星からの派遣を受け入れるには、1枚/1Monaで運営が販売している「MONACHARATトークン」を買うことで、その抽選に参加することができます。また、その保有するトークンの割合に応じて当選確率が高くなっていきます。

(現時点において)19枚持っていれば1年後にはモナキャラットが1体が派遣されている確率となります。(参考:MONACHARATトークンシェア
もちろん、確率なので明日派遣されるかもしれないし、1年経っても派遣されないこともあり得ます。

あなただけのモナキャラットを手に入れるため、「MONACHARATトークン」を公式Dispenser(Mpurseユーザはこちら)で買い、モナキャラットの受け入れ準備をしましょう。

MONACARATトークンの所有者(もなこいにうむ)

Remaining : 0 characters / 0 images
114

Sign up / Continue after login

Related stories

Writer

ブロックチェーンカンパニー務め|モナコイン活動家(2013〜)

Share

Popular stories

ゲーム「モナコインちゃんとわがままマイニング」

1408

モナコイン財団(Monacoin Foundation):暗号通貨界隈のキーワードを考える

553

「実写版」モナコインちゃんとモナコインちゃんの「声優」

545